今年最後の試合となった愛媛戦について、気持ちが落ち着いたのでもう少し。

90d82417.JPG


J2愛媛に負けるなんてなにやってんだ!と思ってらっしゃる方もいるだろうけど、でも愛媛も強くてよいチームでしたよ。

応援歌が「アルゴリズム体操」になっていたのにも驚いたけど、チーム力も上がっていて、少なくとも去年のJ2入会初年度のチームとは違うなという印象でした。今年のJ2の試合をいくらも見たわけじゃなく、ちょうど一年前の12月の最終戦に勝ったイメージで長崎まで行きましたが、それは甘かった。浦和を2-0で破ったのも、(幸運もあったろうけれど、)決して偶然ではなかったのかもなと思いました。

それでも前半はうちのペースだったし、最初は事故のようなPKで先制されたけれど、タッキーの技あり気迫のゴールで10分後くらいに追いついたし、カズ選手の惜しいシュートもありました。後半、選手交代で愛媛のカウンターがより鋭くなったけれど、うちも愛媛の狭いスペースの中でもよくパスが回っていて、今日は勝ちきれると思えるものがありました。ただ終了間際にCKから決められてしまった。その後に難波くんを投入し、スゲまで上がっていくパワープレーでも残り4分では追いつけなかった。奇跡は起こると思ったけれど、残念でした。ノックアウト方式の怖さと厳しさを思い知らされました。

岩倉選手はとても安定していて、彼のいるほうにボールが飛んで行くと安心しました。カタタウ選手の動きもよかったのですが、肝心なところでなぜか一人で滑って転んでまうことが多く、6回目まで数えて数えるのを止めてしまったけれど、足の具合が悪いんでしょうか?芝が合わなかっただけでしょうか?ちょっと心配しました。

諫早の競技場には市内のサッカー少年たちが大勢来てくれていました。中には浦和の試合を楽しみにしていた子達もいたかもしれません(街中で"We are Reds!"と叫んでる高校生たちを目撃。)が、多くはカズ選手と横浜を応援してくれているようでした。僕らの隣にいっぱいいた小学生たちも「カズー!カズー!」とかわいくも大きな声でたくさん声援を送っていました。カズ選手の果敢なプレーには多くの歓声が沸いて、さすがスターです。ハーフタイムには小学生たちがお小遣いを持って、横浜グッズ売り場に殺到してましたよ。フラッグ(小)を降る子どもたちの姿も目立ちました。こういうときこそ、無料の応援グッズを配布できたらよいのになあと思いましたが、ホームゲームじゃないから難しいのかな。

b54b3e68.JPG


円陣からキックオフへ。このチームでの円陣ももう見られませんね。





--
takaoh
★★★ AS ONE YOKOHAMA FC
お疲れさま