今日はナンちゃんの誕生日だそうで、おめでとうございます。一年お疲れ様でした。来年もまた一緒にがんばりましょう。

シーズンが終わり、別れも辛かったり、1年振り返って思うこと、書きたいこと、たくさんあるのだけれど、まだまだ気持ちも落ち着かないので、まずは入れ替え戦もあることだし、今年の成績をさくっと振り返ってみます。数字だけなら気持ちも冷静でいられるので。

今シーズン始まる前に、勝ち点の偏差値が61あればたぶん自動昇格だろうと計算していました。勝ち点では77取れば可能性があって、79取れば大丈夫だろう、と。(http://www.yokohamafc-blog.com/takaoh/article/576

1年終わっての全チームの勝ち点が揃ったところで、偏差値を計算してみると、

チーム 勝ち点 偏差値
広島  100   73.7
山形  78   61.4
仙台  70   56.9
大阪  69   56.4
湘南  65   54.1
鳥栖  64   53.6
甲府  59   50.8
福岡  58   50.2
草津  53   47.4
横浜  50   45.8
水戸  47   44.1
熊本  43   41.8
岐阜  42   41.3
愛媛  37   38.5
徳島  29   34.0

自動昇格の山形が勝ち点78、偏差値が61.4なので、ぴったり計算通りの結果となりました。えっへん(笑)、というか自分がびっくり。

それにしても、広島の偏差値73.7はかなり高い。勝ち点自体は04年の川崎が105点で上回るけれど偏差値は70止まり。広島は本来が降格すべきではなかったんでしょう。

僕らは45.8。やっぱりちょっと寂しいです。せめて50はほしかった。

で、気になるのは入れ替え戦なんだけど、仙台の偏差値は約57。過去を見る限り、偏差値が57以下で昇格したのは05年の甲府のみ。あのときは停電のアクシデントだのバレーの大活躍だの、超常現象っぽい面もあったんだけれど、ま、仙台にもチャンスはあるでしょう。一方の磐田というか、J1はというと、

チーム 勝ち点 偏差値
鹿島  63  64.6
川崎  60  61.8
名古屋 59  60.9
大分  56  58.1
(中略)
京都  41  44.4
千葉  38  41.6
磐田  37  40.7
東V  37  40.7
札幌  18  23.3

40.7で自動降格と入れ替え戦なんだから、やっぱり今年のJ1は大変だったんだなあ。優勝の鹿島も64.6しかないし、リーグ全体が接戦だったというか、上から下までの格差が狭まった感じがします。23.3って札幌だけ極端に低いけど(去年の僕らは28.5だったので多少まし)。

さて。今年、J1の40.7対J2の57はどっちが勝つだろう。入れ替え戦が楽しみですね。




--
takaoh