この時期に移籍ということは、ほんとに即戦力として力を発揮しないといけないので、受け入れるチームも移籍してくる本人も、大変ですよね。

その意味では、監督もよく知っている、そしてお互いによく知り合っている選手たちがいる選手を受け入れるというのは、現実的で、ベターな(レスリスキーな)選択といえるでしょう。

モバイルサイトを見ると、すぐに溶け込んでるようだし。

というわけで、ようこそ野崎選手!

残りのシーズン、共にがんばりましょう!!