大分で紛失したデジカメが無事に帰ってきたので、今さらだけど大分戦の写真の続き。

hayatomo
結果的に横浜で引退することになった二人。最後に先発フル出場を見られて本当によかった。

選手が自ら決意するのでなく、引き際はクラブとの契約が決めるというのも複雑な思いがあるのかもしれないし、サッカー選手とはなかなか大変な職業です。もう少しプレーも見たかったけれど、でも、まあ、よそのクラブに移籍することなく、選手生活を終える最後の場所が横浜となったことは、喜びたいと思います。

我が家の場合、子どもが3歳になるまではサッカー観戦もままならなかったため、三ツ沢に通って横浜の試合を見られるようになったのは2002シーズンから。だから、同じ年から横浜でプレーしてきたトモキチは「同期」だし、翌年から加わったハヤもあわせて、二人とも特に思い入れがありました。来シーズンから二人がいないという事実がまだうまく飲み込めてません。

お疲れ様でした。長い間、どうもありがとう。