日本はベストメンバーが集まったし、ヨルダンはそれほど強いチームではないし、順当にいけば日本が勝つものと思われたけれど、まあ偶然に左右されたり、心理的なものに影響されたり、その他諸々あったりで、順当にことが運ばないのがサッカー。

というわけで、実力的には日本の方が上手に見えたけれど、結果はやっと追いついた1-1の引き分け。吉田選手ばかり2得点で目立ったけれど、前の選手がちゃんと仕事をしていればなあ(それにしても相手のGKが凄かった。)。長谷部選手のシュートは枠外だったけれども惜しかった。

新聞なんかではトップ下が誰だかが話題になるのが多いけれど、僕はSBの二人がきちんと仕事をこなしていたのが印象に残りました。

アジア杯カタール大会
日本代表 1-1 ヨルダン代表
ドーハ