流れ変えたザック采配 ぶっつけ本番の攻撃シフト

「前への推進力が足りなかった。これは前線に問題があるのではなく、中盤でゲームをつくれていないから。中盤を厚くしなければ」
 頭に浮かんだ最初のプランは、CB今野を中盤の底に上げ、ボランチの遠藤、長谷部を前に押し上げるシステムチェンジ。しかし当の今野は「足も痛めているし、中盤はちょっと……」。監督も「システムを変えると、豪州に『日本は守りに入った』と思われかねない」


というのが、あの岩政選手投入時の、一度出て引っ込んでまた出て交代という間の真相だったんですね。

大会を通じて、特に決勝は、ザッケローニ監督の采配も見事だったと思いました。

やはり、背の高いオーストラリア選手たちに対してCBに岩政選手を入れたい、同時に、残念ながらパッとしない藤本選手を下げてMFをてこ入れしたい---さらに、長友選手の負担を軽減したくて長友選手をSBからSHに上げたのだと思ったら、実は今野選手がMFはできない(慣れないのと足の具合が悪いのとで)ということで、そういうことになったのだと、その場での判断だったというわけです。

最後は、長友選手のSHからの李選手へのクロスボールが決勝点となった。

ところで、その今野選手とは今年はJ2で対戦することになる。

基本的に、J1のクラブにいる選手はみんな敵だと思っているので、代表チームのJ1選手を応援するのもなにやら複雑なものがあって感情移入できないのだけど、でも、かつてJ2で一緒に戦った選手たちはみんな仲間だと勝手に思ってます。

香川選手なんてJ2の代表だと思ってるし、松井選手もパク・チソン選手もそう。それから新しいヒーロー李忠成選手も!

彼らをはじめ、その他の代表選手はいまや多くが欧州リーグで戦っている選手たちなので、J1の敵選手だ!という思いをせずに済むので助かります。その意味では、今野選手がJ2に来るということは、J2を代表する新たな選手ということで、代表戦では特に応援していこうと思います。