すでに、なでしこの戦いっぷりは世界が目指すところとなっているのかもしれません。準決勝を戦ったスウェーデンも、なでしこの組織とパス回しを見習っているというようなレポートもありました。

日本の場合、体格で劣る分、組織とパスで勝負するしかないのだと思います。その意味では、目指すべき方向性が同じなのは、まずは日本の男子代表なんだろうなあと思います。

高さで勝負されたらかないっこないのにもかかわらず、スウェーデンが組織でパスという同じ土俵に乗っかってくれたから勝てたのかなあとも思いますね。

そして、アメリカ相手には同じサッカーができませんでした。

ところで、セカンドステージを振り返ってみると、やっぱりドイツ戦の勝利が本当に大きかったのだろうと思います。立派な、なでしこらしい戦いっぷりでした。こちらも大きな自信になったし、ドイツを破ったことでスウェーデンも意識が変わったのかもしれません。

セカンドステージでドイツと戦うことになったのは、グループ2位になったからで、仮に1位抜けしていたらというと、最初がフランス、次にアメリカ、決勝でおそらくドイツという順番の対戦になっていただろうと思います。

初戦のフランスには勝てたでしょうが(いや、優勝国なのだ、「勝った」に違いないのだ)、準決勝でアメリカと戦っていたらどうだったでしょう。

ベスト4というのは前回のオリンピックと同じ。強豪国を破ってきたわけでもない。まだまだ、勝利したことのないアメリカを相手に、自信はなかったのかもしれませんし、準決勝では、アメリカ自体もプレッシャーも違って、また異なる試合になったのかもしれません。日本は相当な苦戦を強いられることとなったでしょう。

少しの運にも恵まれたのかなとも思います。もちろん運だけでは優勝なんぞはできませんが、実力に加えて運も味方してくれないと、優勝はなかなかできないものなのだろうなと思いました。

話を戻すと、なでしこのパス回しは素晴らしく速かった(バックラインでボールをまわすしかなかったアメリカ戦はのぞく)。ほとんどファーストタッチでどんどんパスを出す。見ている方が忙しい。なぜかいい場所にいいスペースが空いている。なぜかそこにパスを出すとそこにすでに他の味方選手が来ている。すぐにまたいいスペースに素早くパスを出すとなぜかそこにはすでに他の味方選手が来ている。以後繰り返し。

あまりに素晴らしいパスワークだったので攻撃ばかりに目が行ってしまいますが、組織といえばまずは組織的な守備を監督は主眼に置かれていたのだそうです。スウェーデン戦で2得点の大活躍だった川澄選手も本当は前線からの守備のために先発として選んだそうで、まさか2点も取ってくれるとは期待されていなかったようです。

さて、なでしこはワールドカップを優勝したので、これからなでしこリーグも大いに盛り上がるといいなあと期待しています。僕の応援するクラブは消滅してしまったので困惑してましたが、とりあえず代表選手のいるクラブの試合でも観戦しにどこかに出かけてみようと思います。毎年楽しみにしていたオールスター戦とか、きっと寂しいのだろうな。