今年はアウェイゲームに行かなかったので、京都と対戦するのはものすごく久しぶりになりました。
松井選手を見て興奮したことが、京都戦における最後の記憶になっていました。

久しぶりに見る京都さんの中には、知った選手がおらず(どこに限らず、僕はあまり対戦相手の選手をよく知りません)、ドゥトラの名前に、日産にいた同名選手のあのドロボウ顔を思い出す始末。

で、そのドゥトラ選手だけど、体格も日本人選手の中にあってはがっしりしているし、なにより推進力がすばらしい。会社でいえば、若手のバリバリの営業課長という雰囲気。将来営業本部長に昇進間違いなし。

なので、そのドゥトラ選手に京都の選手たちがボールを集めるのも道理。ほとんどのボールが彼に集まるし、そこからまた突破していこうという姿がなんとも頼もしい感じ。

でも、それだけにそこさえ抑えればそんなに怖い攻撃でもないように思いました。実際、うちはナベがよくマークし、抑えていた。前半と、後半の早い時間にドゥトラが引っ込むまでは京都の攻撃をよく封じていて、ナベ対ドゥトラの戦いが見ていてとても面白かったですね。

やっぱCBにナベがいるとよく守れるし、彼のいなかった今までの戦いは辛かったものだなあと思いました。去年のあのメドウの戦いを思い出しました。

怪我から復帰と言えば、チン。やっぱりいい選手ですね。今年は怪我人がいなければ、もっとよい試合をたくさん戦えたのだろうなあと思いました。(もう大阪に帰るシオドキなのかもしれませんが。)

一方で、だから新卒や現役高校生にもたくさん出番が回って来たわけで、実戦経験を積ませる機会になったと割りきって、来年以降に期待したらいいんでしょうか。

小野瀬くん、せっかくペナ内で相手のディフェンスをかわしたのだから、シュートうってほしかったぞ。

後半はドゥトラが引っ込んだら、京都はボールがよく回ってとたんに攻撃がよいチームになった。恐るべし、営業推進課長。

前線でボールをおさえて奮闘していたFW藤田選手がひっこみ、ナンチャンが真ん中で小野瀬くんも入り、最後は守備で守りきるんではなく、攻撃で試合を勝ちきるという選択を監督は取ったのだと理解したけれど、だから小野瀬くんには最後はシュートうってほしかった。外したところで失うものはないし、若いのだから誰も責めないと思うし。打たなかったら怖くないから、逆にやられちゃうし、やられちゃった。あーあ。

でももちろん、大きな期待を寄せているので、来年もがんばってほしいです。

ところで、ナンチャンもサイドに慣れたのか、ずいぶん巧くなったなあと驚きました。あんなに器用だったのか。センターよりMFのがいいんじゃないのかとすら。

IMAG0787


2011年11月27日
横浜 1-2 京都
三ツ沢
5,350人