まだ一試合を残し、三ツ沢での2011年シーズンの戦いはすべて終了。もう、11月の中ごろには今シーズンは終わったと思っていたので、残りは消化試合、あまり感慨はありません。

行事として残っているのは、次の土曜の富山戦、日曜のイヤーエンド・パーティー、その翌週のクラメンミーティングということになります。土曜の富山戦はJリーグの2011シーズン締めくくりだし、もちろん行ってきますが、YEPは所用があり、不参加です。(クラメンミーティングは納会とバッティングしているけれど、少しでも出ようかと思っていますが。)

IMAG0790


今年は開幕直後に震災があって、なんとも不思議なシーズンとなってしまいました。震災の影響でか?調子がなかなかあがらなかったけれど、元々選手が多くないところに、けが人が多く、そして戦力にはなれずに去っていく人もいて、まともに戦えたのはあの8月だけだったのかもしれません。人が揃ったときはよい試合をしていたし、去年が6位で今年は優勝を目指していただけに、残念です。

会長が補強をすると力強く宣言してたのは、だからよく理解できるし、来年に期待しましょう。そして監督には、チームを強くするという責任を全うしてほしいです。

ところで、岸野さんはなにかスクリプトを用意して話すのではなく、考えながら話されているのだと思うので、ライブで言ったままを文字起こしすると相変わらず破綻した文章になりますね。文章力があり、ブランディングを意識できるライター/広報担当の人がいると、みんながもう少し幸せになれると思います。

IMAG0798
ヤナギ選手、お疲れ様でした。ありがとう。

レンタルで来ていて、元のチームへ帰ってしまう人もいますが、正式に発表になったのはフランサとヤナギだけ。このあと、お別れもできないままクラブを去る人も出てくるのだろうと思うと、やっぱり開幕戦はアウェイでいいので、最終戦がホームゲームの方がいいですね。