予想通り予選を突破したけれど、意外に苦戦した感じがします。ワールドチャンピオンなのでもう少し力の差を見せ付けて勝てるのではないかと勝手に予想していたのかもしれません。でも、ワールドチャンピオンといえども圧倒的に他チームと差があるわけではない。そんなに簡単にワールドチャンピオンになったわけではないってことですね。

スウェーデン戦も厳しい戦いになりましたが、いいシュートを放つのになかなかゴールを割れませんでした。それにしても、副審の方の旗を揚げる姿が凛としてかっこよかったなあ。

まあともかく結果は0-0。

次は南アフリカ戦で、そこまでの結果は、
1位スウェーデン 勝ち点4
2位日本     勝ち点4
3位カナダ    勝ち点3
4位南アフリカ  勝ち点0
で、南アフリカですら日本に勝ってカナダが負ければ3位で予選突破の可能性がある状態。

仮に日本が負けた場合、
1位スウェーデン 勝ち点7
2位日本     勝ち点4
3位カナダか南ア 勝ち点3
では予選突破だけど、
1位カナダ    勝ち点6
2位スウェーデン 勝ち点4
3位日本     勝ち点4
4位南アフリカ  勝ち点3
とか
1位スウェーデン 勝ち点5
2位カナダ    勝ち点4
3位日本     勝ち点4
4位南アフリカ  勝ち点3
なんてな結果だと予選落ちもありえた状況。

なので、負けるわけにはいかなかった試合ですが、結果は引き分け。

2位抜けだと移動がなくてよいとか、とにかく引き分け狙いで予選突破を目指したとか、いろんな意見もありましたが。

たしかなのは、それまで試合に出てなかった選手たちを先発で使ったこと。疲れた選手を休ませたいというのと、控え選手に活躍の場を与えたいというのが、たぶん監督の一番の狙いだったのだろうなあと想像します。

ともかく、グループステージは2位抜け。

次の準々決勝の相手はブラジル。8月3日の夜中のキックオフ。