コンサドーレ札幌、債務超過解消にメド 株主ら8000万円超出資
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO45486400Y2A820C1L41000/

札幌さんが、増資をすることになって、債務超過が解消できる見込みなんだとか。

去年末時点では8千万円の債務超過で、このたび8千万円超の増資をするのだとか。

選手の移籍金収入や関連商品の販売の伸びに加え、チケット販売と広告収入料で最終損益は今期末で1200万円の黒字になる予想だとか。

今年の営業収入予想は13億9300万円だということなので、営業費用は乱暴に計算すれば13億8100万円。

Jリーグから公開されたJクラブの決算をみると、去年の例でみれば10億円台のJ1クラブは三つしかなくて、甲府が14億円、山形が12億6800万円、福岡が11億2200万円であって、J1クラブの中では極端に少なくて、いずれも降格してきている。J1はお金がかかるんだなあという話。

札幌さんは、去年のJ2のときは13億8300万円。なので、よくわからないけれど、J1に昇格した今年も予算は同じということ。これはJ2では昇格できるレベルということなのだろうけど、無い袖はふれないのか、ぎりぎりのところなのだろうけど、なんとも最初から残留は諦めてるのかなという印象すらある感じのご予算。営業努力も相当なものなのだろうけど、黒字になることの要因の一つに「選手の移籍金」もあがっている。選手を高く売って儲かったはいいけれど、それで成績が低迷しているのだとしたら・・・J1クラブの運営は難しいものなのだなあ。

ところで、8000万円以上の増資のうち、サポーターの持ち株会が7500万円出すのだそうだ。

サポーターが何人いるのか存じないけど、7500人だとしても一人1万円。また同じ話だけれど、うちだったら、仮に2000人の熱心なファン・サポーターがいるとして、一人4万円の出資。うーむ。

札幌さん、がんばって。