IMAG1569

なでしこちゃんたちもがんばったのだと思いますが、早い時間にあっさりと点を取られ、その後も続けて2失点。修正する間もなく勝負が付いてしまった感じ。

体格は小柄な日本の女の子に対して、大きな大きなドイツの女の子たち。

まるで栃木戦の前に行われたノジマさんの女子チーム対横浜のジュニアユースみたいな感じの差。

それでもフル代表のなでしこさんたちは勝ってしまうのだから、なでしこ凄い!というのを結果的に再確認する試合になってしまいました。

10代のU-20からフル代表までの間に、体格差をはねのけるだけの成長を遂げるのでしょう。昨日は、びびらずにシュートを打ってほしいとイライラしましたが、要は、経験なのだろうな。これからの聖成長を楽しみにしたいと思います。

それでも、アンダーのなでしこちゃんたちを見るのは今年が初めてでしたが、何年か前のなで2よりはよっぽど上手になったものだなあと思いました。

U-20FIFA女子ワールドカップ準決勝
日本 0-3 ドイツ
国立競技場

観客数は聞き取れませんでした。ビジョンはずっと試合の中継をしていて、スコアもメンバー表も表示されない。時計まで止まっていて、ビジョンのテレビ画面の左上に表示されるスコアと時間を見ろ、と。パブリックビューイングじゃないのにね。いつものアウェイ側ゴール裏は入れてくれないし、ホームゴール裏にいましたが男子の代表戦なら必ずいらっしゃるサポさんも見当たらないし、なんだか勝手が違って不思議な感じの国立での代表戦でした。もちろん、ワールドカップとはいえ、U-20のなでしこちゃんたちが注目を集めるのは素晴らしいこと!