じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

1-0で迎えた終盤。ホームチーム側にある僕らのゴールを守る潤之介選手はこちらを向く格好でゴールを守っている。

よくわからない審判だったけど、PKはPKだ。

直前のピンチもみんなでゴールを守り抜いた。ここはなんとか防いで、前節で落とした勝利を掴んで帰りたい。二試合続けて追いつかれて引き分ける余裕は僕らにはない。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

100mも離れた僕らにできることは、ただ、声の限り潤之介選手の名前を叫ぶことだけだ。

遠い。

人数も少ない。

だからこそ。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

相手の選手がボールをけるまでの時間が長く感じる。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

潤之介選手に声が届いているのかわからない。どれだけの力になっているのかわからない。

潤之介選手が大きく腕を回す。

よくある光景だけど、潤之介選手が大きく見える。だからゴールマウスが小さく見える。

キーパーの落ち着き。キャプテンの気合。潤之介選手の気迫。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

叫びながら僕は感じる。これは入らないんじゃないかな~。

ただの願望だったかもしれないけど、でも、潤之介選手の気持ちが伝わった。


IMAG2378

J2 2013シーズン 第37節
2013年10月20日(日)
横浜 1-0 徳島
ポカリスエット
4,706人