日本にもグループリーグを2位抜けし、決勝ステージへ進出するチャンスがあったのですけどね。

前半は、決勝ステージ進出が決まってメンバーを大きく入れ替えて来たコロンビアはあまりシュートを打てず、日本はけっこう打っていて、日本に取って理想の展開。

前半のロスタイム終了間際に同点ゴール、裏のギリシャ対コートジボワールはコートジボワールが勝っていないという状況で、こりゃ日本いけるよ!?と大いに期待したのですが。

PKで失点したのが、今から思うと大きかったのかしらと。日本が同点に追いついたことで、コロンビアは後半からメンバーを入れ替えて来たけれど、前半のうちに失点もせず、先制していれば二点くらい取れたかもしれない。2-0なら、メンバー入れ替えられても、また違う展開になったろうし。ゲームプランが大きく変わってたでしょうなあ。

同点になって始まった後半の早い時間帯のコロンビアの攻撃は恐ろしかったですね。1-2にされちゃったら、もうどんどん前掛かりで行くしかないから、その後に2点を取られたのはしょうがない。もうそういう展開の試合はよく見るものです。というかよく見てきましたね。

ちっとも勝てずに敗退・・・というのも、ちっとも勝てないチームを応援していれば、残念ながら、日常茶飯事だしな。

また明日からリーグ戦に専念しましょう。

って言いたいところだけど、大会中もこちらはずっとリーグ戦が続いていて、ずっと専念してたわけでね。

今までも、W杯のときはリーグ戦をやってたので慣れっこという気もするけれど、今回はなぜかJリーグチェアマンがブラジルに旅行に行ってるという記事をよく目にしたので、リーグ戦やらせておきながら最高責任者が物見遊山だか外遊だかなんだかしらないけど、不在なのはどうなんだろうとちょっと気になりました。

J2やJ3の関係者は日本サッカー界の端っこの外の方にいて、W杯なんぞ関係ないだろって扱いみたいで、W杯への熱もあまり上がらずなまま。

ところでザッケローニ監督は、サッカーの戦術や技術ではなく、選手のメンタル面でのケアが足りなかったというようなことを敗因としてあげてましたが、そうだとしたら、外国人監督ではダメなのかもしれないなあ。というか、日本のサッカー選手は、代表選手でも、外国選手に比べると、ちょっと未熟なのかしらと気になりました。

サッカーではなく、経済や技術などの分野での世界における日本の立ち位置を考えたら、世界と戦える力があるはずなのにね。

2014FIFAワールドカップブラジル大会
C組 2014年6月24日
日本代表 1-4 コロンビア代表