takaohblog

互いに素

2016シーズン。

横浜FC

10

反芻

このところ引き分け続きでちっとも勝てない、ホームで勝ててないのでフラストレーションもたまるでしょうが、裏を返せば負けてないわけで、水戸戦を振り返ってみるに、あっという間に同点にされてしまったものの(がっかりだし、かっこ悪いね)、3試合ぶりの得点は、それでもなかなかよかったんじゃないかと。

攻められているときに、あれは松下(年下)選手がスライディングでボールを奪い、ボールは外に出てしまって相手ボールのスローインかと思ったら、立ち上がってタッチラインを割りそうなボールに追いついて、ああこれは遠くにクリアかな、と思ったら、なんと凄い姿勢から前線にフィードした。

ちょっと感心したびっくりなプレーでした。

で、その縦パスになったボールを、前線にいた小野瀬くんがキープ。相手にチャージされながらもがんばってキープ。曲芸のようでしたね。

で、それを上がってきた選手にパス!ってそれは右サイドを上がってきたDF市村選手でしたよ。

どうでもいいですが、僕は市村選手を見ると、映画に出る(映画にしか出ない)アクターかといつも思ってしまいますね。なかなかのイケメンですな。

で、その最後列から上がってきた市村選手がゴール近くでがんばったのだけど、それで得たCK。

で、そのCKからの、センターバックのドウグラスの渾身のゴール!!

と、すべてのポジションの選手たちがそれぞれ仕事を頑張って、その結果としてのゴール。

あれはよかったですよね。あのときは凄いな!と思ったんです。

それがあっという間の同点で余韻もなくなってしまって、そのよかった場面も忘れてしまいそうでしたが。

ちゃんと思い出して、そこはよかったなと、評価したいなあ。

5

わずか1分の

DSC_0572
ドウグラスのゴールに燃えて、今日は勝つぞと思ったのだけど、1分でそんなハッピーな気持ちも粉砕されました。

でも、朝から勝つ気まんまんだったので、後半にどどーんと2点くらい取ればいいやと思ったんだけど。

DSC_0573

ところでハーフタイムは、もう終わっちゃったけど、こちらも最後のチャンスということで、ブラジルビールとシュラスコを食べてみました。

DSC_0575

3回に渡り、サンバのお姉さんたちにおいでいただきましたが、今日はサンバ隊の皆さま。ドラムだけであんなに熱くなるんですねえ。すばらしい。毎回来てほしいです。

DSC_0581

相変わらずブーイングが浴びせかけられますが、先週に比べて人が減ったのか、ややマイルドになった気がしました。

これで4試合連続の引き分け。勝ったのはあのクサツ戦以来で、その次に負けはしたけど、逆にいうと6試合で一つしか負けてないんですけどね。今年はホームでまだ一つしか勝ててない。僕はたまたま行った讃岐と草津で勝ったので、まだましですか。

でも、ドウグラスが珍しくリアクションしてましたね。今までは黙ってなにか言いたげな感じがするくらいだったのだけど。

悲しいものです。

J2 21節 2014年7月5日
横浜 1-1 水戸
三ツ沢
3,734人

なんか、このところ観客が減ってる気がします。増える要素もないのかな。

DSC_0583

家に帰ってタンメン(カップ麺)食べました。しみったれるのも嫌なので、景気よく激カラ。
29

蹴鞠

W杯における日本の戦いは終わってしまいましたが、そんなこととは関係なく、リーグ戦はふつうに続く。

DSC_0521

日常に戻って、いつもの場所。落ち着きます。

ところで、W杯での日本代表の戦いっぷりに関して、蹴鞠の話を目にしました。

日本のサッカーのルーツは蹴鞠であって、これはパス回しだけでゴールがない、だからシュートも打たないしゴールが決まらない、っていうジョークですが、岡山戦、ヴェルディ戦と0-0の試合が続くと、たしかにそうだよなあと実感してしまいますね。

輪になってパス回すのは上手だけど、ゴールに向かうことがない。

ところで、5月に4連敗もしたので負けてばっかりという印象が強いけれど、それ以降の6試合ではひとつしか負けてないんですね。1勝1敗4分けで、勝ちきれないのだけど、4連敗後にはひとまず負けないことが大事かな。

DSC_0532

J2 20節 2014年6月28日
横浜 0-0 東京ヴェルディ
三ツ沢
3,249人
感謝の意を表して頭を下げている人に、罵声を浴びせるのを聞くのはとても気分が悪いので、来週こそ勝利を。
15

暑くて、熱い、

神奈川区民デーだったのでバクスタには神奈川区民の方が大勢お越しいただいた。座席がなかったのか、一部のご家族連れの方たちはゴール裏席にもやってこられてたのだけど、小さなお子さんたちをわりと大勢連れて来た人たちがいたので、ゴールの枠を外れたシュートが幼児たちを直撃しやしないかと、ちょっと心配でしたよ。

でも、この試合だけ見た、そしてそんなに横浜FCのリーグ戦における勝敗にはあまり興味の無かった人たちには、エキサイティングな試合展開だったようで、最後の笛の瞬間には、サポの落胆の声の中に、「面白かったねえ~!」という声も。

ま、それはなによりです。次は勝利をお見せしたいです。

バクスタが埋まるのと同じように、あるいはそれ以上に、ビジター席もぎっしり。

DSC_0431

どうしちゃったんですかね?優勝争いでもしているのかと思ったら、順位も下の方だし、ここ数試合は僕たちと同じくらい低迷しているようだし。

神奈川区在住の札幌出身者が多いのか?小野伸二選手が出てくるかと思って押しかけちゃったのか?ワールドカップの放送が北海道地区ではないからこっちに来たのか?とか、なわけないけど、いろいろ考えちゃいましたが結局わからず。

と、見ると、なぜか応援席に「ロシア2018」という大きな旗が。

どういうことだろう?

2018年のワールドカップを、そのころはロシア領になった北海道でやりたいとかそういう話なの?

ブラジルに行ってる代表選手に、もう今大会はあきらめて、4年後にがんばろうよというメッセージなのか?

チームを応援するメッセージでもないし、こちらもいろいろ考えちゃいましたが、さっぱり訳がわかりません。

ま、ともかく、前節のゴールの記憶も冷めないうちの、ソンホ選手の得点には燃えました。三ツ沢二連続ゴール。よく走り回るし、ソンホはいい選手だなあと最近やっとわかりました。

で、松下(年下)選手。

前節の終了後に、ゴール裏でエンブレムをドンドンって叩いて、熱いメッセージを叫んでたという話を書きましたが、ソンホの入れたボールを真っ先にゴールに取りに来て、ゴール裏に向かってガッツポーズで声を上げました。

また聞き取れなかったけれど、言葉はわからなくても、熱いものがメッセージとして伝わりましたよ。

ソンホのゴールに松下(年)選手に、試合を跨いで物語は続いているんだね。

試合終了後は、「松下ーっ!」と何度も叫んじゃいました。通り過ぎるとき、こちらに向かって深くお辞儀をしてくれました。

熱い人だなあ。すっかりファンになりました。

試合の方は、残念ながら引き分けで終わってしまったけれど、DFを一人減らし、また一人減らし、という、得点に向かってギアを上げていくような監督の采配に、勝利への執念みたいのを感じました。

黒津選手のゴールに痺れました。前半の、GKへのバックパスのようなゆっくりしたシュートは、きっと次の速いシュートへの伏線なんだと思ってました(笑)

最後のシュートが入っていたらと思うけど、すべてがうまくいくわけじゃない。

DSC_0443

J2 18節 2014年6月14日
横浜 2-2 札幌
三ツ沢
6,097人




8

負けました

1969329_773824875971999_743247064897603563_n

草津に行って勝ったので、今日も勝つぞいと思ったのですが、なかなか連勝できません。

せっかくのGENOVAマッチなのに、入梅しての雨のため、客足も遠く、観客数もびっくりの2000人台。残念でしたね。

僕の大好きな黒津選手は、やっぱり誰かからボールを出してもらって、どーんとロケットのように走って行って、ゴールを決める!というのが最強に思うのですが、なかなかボールを出してくれる人がいませんね。

いきおい、下がってボールを拾ってサイドに出てって、ゴール前にいるであろう誰かにボールを供給する係りになってしまって・・・。それでは良さが発揮できません。残念です。でも、黒津選手にはそんな役回りをやってもらって、ありがとうと言いたいです。

ところで、J3もできた今年、J3でも審判イマイチな感じが否めません。Jの試合が増えちゃったため、審判の数が足りないのかもしれないですね。質の低下を感じざるをえません。そのうち追いついてくるのかとは思いますが、ちょっと深刻な問題というか、とばっちり受けてるというか、困っちゃいますね。

ぶー。

10367686_773870359300784_8689530074359062683_n

試合後のゴール裏は、ブーイングというよりは、切羽詰まった苦情というか要望というか、いろんな声が飛びました。あまり選手への野次は好きではないのですが、野次というより、そういう声が聞こえましたね。このとき以外は声を届けるチャンスもないからしょうがないのか。

松下(年下)選手が応えて、なにか言ってましたが、聞き取れませんでした。「ひとつ」という単語だけ聞こえて、胸のエンブレムを叩いてました。気持ちは伝わりました。ちょっとグッときました。

大丈夫、僕たちはまだまだ戦っていかれます。

J2 17節 2014年6月7日
横浜 1-2 長崎
三ツ沢
2,577人



31

月末ごとの

前回勝ったのは、あの讃岐うどん食べまくりツアーにでかけた、カマタマ戦だということで、実にひと月ぶりだとか。

あのときも4月末だったから、また月末の勝利となりました。

僕も月に一度のペースのアウェイ遠征になってますが(と思ったけど、讃岐のあとに松本に行ったんでした。負けたんで忘れてた!)、それと勝利が符合してて、効率よいというか(笑)

暑かったけど、選手のみなさんは集中を欠くことなく、よく戦ってくれました。

期待に応えて2ゴールの松下(年上)選手は素晴らしい。

セットプレーからの点しかないとか批判もできるのかもしれないけれど、でもちゃんと決められるのだからね。特に2点目はこちらゴールに向かってだったので、ほんとに見事だなあと思いましたよ。

ところで、坂井洋平選手がクサツにいたのでびっくりしました。がんばってるな。

10409744_770488262972327_4646428947290587291_n

J2 16節 2014年5月31日
横浜 2-0 クサツ群馬
敷島
4,115人
26

中位と下位

千葉戦。

プレイオフの日が強く印象に残ってます。

そんな緊迫した一戦もいまはむかし。

なんとも中位のチームと下位のチームの戦いって感じで、千葉さんのサポさんたちも決して少なくはないけれど、どーんと減った感じ。こちら側は相変わらず・・・。

試合の中身もそんな感じ。

結果として、ただ、こちらの連敗が止まり、あちらの負けなしが続いた。

悪くはなかったと思うけれど、点さえ入ればなあ。

image

J2 15節 2014年5月24日
横浜 0-0 千葉
三ツ沢
5,887人
11

久しぶりの松本

隣の安曇野市には毎月行く用事があるのですが、松本に来るのはちょっとだけ久しぶりになりました。いつの間にかスタジアム前の駐車場が有料になってるのでびっくりしました。

DSC_0163

景色が素晴らしいけれど、これは安曇野市。

DSC_0169

最近のアウェイに出かけると、歓迎っぷりにも驚きますね。こういうのはJ2ならではの感じがします。

DSC_0174

なので山雅ジェリーが入っているというカクテルを頼んでみました。甘かったけど、試合の方はそうでもなかったな。

前半はチャンスも作れてたと思うのだけれど、せっかくのチャンスを生かしきれませんでしたな。

後半はいよいよドウグラスがFWになっちゃいましたね。たしかにFW版ドウグラスがいてくれたらなあとは思っていたけれど、うーん、黒津選手ももっとがんばって。

帰りにスタジアム近くのコンビニに寄って、山雅サポの人と少しだけ立ち話をしましたが、勝ったけど内容が悪いと言われました。まあ、内容悪くても、3連勝もしたらいいじゃん、強いチームの発想だな、うらやましい。

DSC_0176

J2 13節 2014年5月11日
横浜 0-2 松本
アルウィン
11,054人

6

GWは大忙し-第4試合

DSC_0118

GW最後の日。

とびとびの連休だったけど、4月26日の土曜から今日までの間でJ2はなんと4試合の開催。で、なんと3敗の1勝。うーん、酷い休みだったな。

J3は同じときに3試合の開催。で、J3横浜は最初の試合こそ勝ったものの、2敗の1勝。

うーん、都合、5敗の2勝だよ。酷い休みだったな。

今日はせっかく大勢の観客とたくさんのキャラクターが来てくれたのにな。

でも、最初は緊張感のあるいい試合だと思って楽しんでたのです。オグリも久しぶりだし、相変わらずだし、でもドウグラスもしっかりマークしてるし、野上くんもよかったし、他の選手たちもよかったんですけどね。

まあ、言っちゃなんだけど、ちょっと変な感じの審判のせいか、渋谷くんのちょっとした珍プレーで2失点。前節もOGだったし、がんばりが結果として報われなてない感じ。

こっちもシュート打ってないけど、向こうも打ってないし、そんなにやられた感はなかったのにね。

でも最後の決定打がなかなか打てない。うちにはブラジル人が3人もいるけど、点を決めてくれるFWはいないのか。ホナウドにはもっとシュート打ってほしかったですよね。FWのできるドウグラスが、もう一人いてくれたらなあ・・・。

なんて後半の終了間際に思ってたら(いつも思ってるけど)、ゴールに向かって積極的に攻めてくる見慣れない顔のブラジリアンFWがっ!?

なんだそんなブラジリアンがいたのか!

と思ったら、ドウグラスでした(・.・)

DSC_0120

J2 12節 2014年5月6日
横浜 0-2 京都
三ツ沢
7,153人
29

GWは大忙し-第2試合

DSC_0036

カマタマーレというチームができた(改称というのかな)のを知ったのは7,8年前でしょうか。それから羽中田さんが監督をして話題になりました。実際に見たのは、思えば2010年12月の、あの地域リーグの全国大会の決勝大会。市原でした。風の強い日でアクアラインが止まってしまったんだよね。僕がいた応援席とカマタマサポさんたちが同じだったので、入れ替えになったな。彼らは見事に優勝して翌年2011年からJFLへ昇格したんでした。

その後、2012年にY.S.C.C.がJFLに昇格したため、その年と2013年にはJFLで対戦しましたな。でも、僕は讃岐までは行かれませんでした。

という長くもないけれどそこそこの歴史の後、初めて讃岐へとやってきてJで初対戦となりました。ちょっと感慨深いです。

DSC_0042

さて。中二日のGW第二試合。

一日中雨の予報だったのが、なぜか試合中は晴天になって暑いくらいでした。

ゲーム中は、横浜も讃岐も両チームとも喪章を付けてましたね。やはり沈没船哀悼なのでしょうね。アナウンスして黙とうしてもよいのではないかと思いましたが、まだ不明なままの人たちがたくさんいるからでしょうか。わかりませんが。いずれにしろ、前回とは違い、両チームともの追悼なので、ほっとしました。

試合の方は、讃岐の守りがきつく、なかなかシュートが打たせてもらえません。こちらのもらった直接FKは18本と、そんなに多くはないけれど、こちらが与えたのは7本だけなので、印象としてカマタマさんはとにかく寄ってきてファウルで止めるという感じがしました。

で、きつい守備の中、アンドレア選手が強くて脅威でした。大勢で守って、攻撃はアンドレア中心に任せるということなのでしょうかね。でも、なぜか途中で交代したので助かりました。前半の最後に傷んでたのが影響したのですかね。

後半になって、だんだん閉そく感が漂いそうな中、野崎選手をはじめ、途中出場の選手たちがよく機能してました。ソンホ選手もポストになって働いてましたよ。

で、野村選手。なんか、やってくれそうな匂いがぷんぷんしてたら、ほんとに決めてくれた。

DSC_0054

今日のヒーロー、たくましい野村選手。

DSC_0050

J2 10節 2014年4月29日
横浜 1-0 讃岐
丸亀
3,807人
26

GWは大忙し-第1試合

DSC_0004

湘南さんは今年は開幕から絶好調だそうで、三ツ沢に来たサポさんもたくさん。こんなに来たことあったっけ?にわかサポさんたちなのかと疑念を抱くくらいの押しかけっぷり。

先制点を取ったときは燃えました。そう、うちはなぜか強いチームを止めることが多いので、やってくれる!と思ったのだけど、またしてもPKがケチの付きはじめと言うか・・・この被PK率の高さはなんなんだ?

ところで、この日、横浜の選手たちは全員が喪章を付けて試合に臨んでいました。沈没船の犠牲者に対する追悼でしょうか。湘南の人たちはまったく何のそぶりもなかったけど。

DSC_0008
J2 9節 2014年4月26日
横浜 1-3 湘南
三ツ沢
6,053人
livedoor プロフィール
三ツ沢で生まれて、三ツ沢保育園→三ツ沢幼稚園→三ツ沢小学校と通い、毎日三ツ沢公園で遊んで育ちました。大人になった今は、三ツ沢でホームゲームを開催する横浜の二つの偉大なクラブの観戦を楽しんでいます:YSCCのJ3での活躍を願っています。


互いに素

ホームゲームのたびに三ツ沢に集まる数千人のサポーターたち。周りを見ると、年齢、職業、住む場所、家族構成、趣味、出身校などなど、共通するものがほとんどない人たちがけっこう多いように思います。でも、みんな横浜が好きで、週末になると横浜の応援のために集まってくる。共通するのは、横浜という大事な原点。横浜に勝ってほしいという気持ちだけがひとつにまとまる。

互いに素とは、二つの整数が1(とマイナス1)以外に共通する約数を持たない関係のこと。横浜が始まりの数1であり、唯一の公約数である・・・サポたちの多くはそんな関係なんではないかなと思います。横浜が繋ぐ、「互いに素」敵な関係って思ってもよいです。

なお、6/π^2は、二つの整数が互いに素である確率で、計算すると60%くらい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりの
  • 久しぶりの
  • 嵐の後のヴェルディ戦
  • 大雨の松本戦
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • 出場時間と勝ち点
  • 最後のホームゲームは勝利で終わる
livedoor 天気
  • ライブドアブログ