takaohblog

互いに素

2016シーズン。

クラブ

17

パートナー

本日、たまたまだけど、仕事で横浜FCのパートナー企業の方とお会いした。

いただいた名刺の裏にはフリ丸のイラストが。ちょっとうれしかった。
6

2月18日

横浜FCのシーズンウェルカムパーティーが夕方まであるけど、夜からYSCCの説明会だって。

大さん橋と、開国記念館。

掛け持ち可能なのでどっちも行くかな。今年はどちらのホームゲームもせっせと通いたいです。

しかし、JFLにあがったYSCCは、誇らしくも謙虚にも、横浜で3番目に強いチーム、と謳うようになった。

それはよいのだけど、でも、二番目というのは横浜FCのことかなあ。二番目かあ、くそう。とも思ったけど、昨年、練習試合とはいえ、YSに完敗したので、偉そうなことは言えません。YSが三番なら、横浜FCは四番なのでしょう。

ともあれ、2月18日が楽しみです。
14

2012シーズン始まる

今日は新体制発表。
IMAG0933

用事があって、餅つきから参加しました。

例年通り、新年の挨拶を知り合いと交わし、福袋を買い、餅を食べ、新加入の選手の挨拶を聞いて、ああ、今年も始まるのだなあと実感しました。

それにしても、新加入で本日紹介される選手が馴染みのある顔ばかりで、不思議な感じでしたね。このところ、同じチーム出身の選手がまとまって入ることがありましたが、ある意味、同じなわけで。

中里選手、小野瀬くんはじめ、スンジン、大久保選手、阿部選手、そしてうっちーと11人中の6人。

これは偶然ではないわけで、いろいろ考えちゃうこともありますが、大歓迎です。お帰りなさい。

もちろん、新しく来てくれた選手のみなさんも、ようこそ横浜へ。
IMAG0942

開幕が待ち遠しいです。

IMAG0941

覚えないといけない選手が少ないのはありがたい。
29

去年、今年、来年

去年はけっこういいところまで行ったのに、今年は期待外れだった。

その不振の原因として、
1)けが人が多かった。治る見込みがずれた。新たなけが人も増えた。
2)外国籍選手や移籍した選手がフィットしなかった。
3)コミュニケーションがうまくとれなかった。
などがあげられた。

そこで来年は、
1)強化部長に奥さんが就任した。
2)今年の選手は一部を例外として、プロパーもレンタルも全員残したい。
3)そのうえで、補強します(とホーム最終戦で会長が宣言した)
ということで、今年の失敗を繰り返さず、今年うまくいけばできたであろう体制を整え、今年期待されていたような成功を収めたいということなんだったと思う。

それで、見込みが甘かったのかと(マネジメント陣に)ひどくがっかりはしたものの、まあ、来期には期待しようと思っていたのだけど。

実際、シーズン中や終了直後に解雇の知らせが届くことはなく(フランサとヤナギは別にして)、例年とは違うぞという雰囲気だったのだけど、ところがこの時期になって次から次へと離脱の知らせ。

こんな時期になって、今までの選手以上の選手たちが簡単に集まるとは思えないのが心配なの(で来期に期待できなくなってしまったこと)と、結局、選手の人たちにとってはこのチームというかこのクラブには、短い選手生活の貴重な時間をあと1年を過ごすほどの価値がないと判断されてしまったということで、ひどく落ち込みますね。

クラブが選手を切るのも辛いけど、チームがより強くなるならばとファンとしては納得もできるわけだけど、選手から見放されるとなると、これは辛い上に弱化するだけだろうとがっかり。

コミュニケーションの問題があげられてたけど、結局、そういうことだったということなんだろうな。

残ってくれる選手と、来てくれる選手を、全力で応援しよう。

11

クラメンミーティング~納会

Jリーグが終わってしまい、久しぶりに試合のない週末。まだピンと来ないなあ。

今日は西谷でクラブメンバーミーティング。よい天気で、これはどっちかいうとサッカー観戦日和だよなあ。

優勝を目標に掲げて18位。どう総括するのか、どのような反省点が挙げられるのか、来年はどういう体制で何を目指すのか、聞きたいことばかり。

そのあとは納会。皆さまよろしくです。
29

第26節草津戦【クラメンDAY】

震災の影響で一旦キャンセルになったため、今年は1度のみ開催のクラメンDAY。ご不満な方も中にはいらっしゃるようですが、ともあれ、そこはその分濃密に楽しみましょう♪

フェアプレイフラッグベアラーやらAs Oneフラッグベアラーやら、クラメン参加型の企画がたくさん。僕も応募したけど、まんまと抽選に外れました。ははは。

くじも参加賞。招待券はありがたいけど、霞ヶ丘と違って西が丘だと行かれる人が少ないのかも。これから誘ってみます。

さて。OS企画ということで、クラメンとクラブスタッフの協働で商品を開発し、今回は販売も手伝いました。評判もよく100着が初日で完売。企画開発、販売、購入と、最初から最後までクラメンが関わるあり方は、このクラブのクラブメンバー制度としては、一つの理想的な形のように思いました。スタッフのみなさん、OSのみなさん、購入されたクラメンのみなさん、完売おめでとう&ありがとうございました!

BlogPaint



24

ポロシャツ発売!

OS企画でポロシャツが開発され、27日クラメンDayで発売になります。

シンプルなhummelのポロシャツ(白か紺)。襟元にYOKOHAMA FCの刺繍をあしらい、背中にはなんとフリ丸がプリントされていて存在をアピール。このポロシャツを涼しげに着こなして、まだ暑いこの夏を爽やかに過ごしましょう。なんちって。
ポロシャツ

OS共同開発『hummel with YOKOHAMA FCポロシャツ』販売!
http://www.yokohamafc.com/index.php?option=com_k2&view=item&id=458:20110817-01&Itemid=112

100着限定ですが、抽選で30名様に、選手(同じポロシャツ着用)の写真をプレゼントだそうです。

「OS共同開発『hummel with YOKOHAMA FCポロシャツ』リツイート企画実施」
http://www.yokohamafc.com/index.php?option=com_k2&view=item&id=463:20110820-01&Itemid=112

それからツイッター連動企画もありますので、こちらもよろしく。僕もさっそくリツイートしました。
4

AED



協会が下部リーグへのAED設置に動く
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20110804-815245.html

ことが起こってからでは遅いのだけれど、でもすべてのクラブの携行の義務化、もしくはすべてのサッカー場に常備の義務化を行ってほしい。サッカー場への義務化は協会が行う権限はないのかもしれないけれど、常備していない会場では公式戦は行えないとするとか。

心肺機能が停止して3分で生存確率は50%に下がってしまうのです。でも、AEDが手元にあれば、生存確率がぐんと上がるのです。

おととしだったか、松村邦洋さんがマラソン中にやはり心筋梗塞で心肺停止に陥った事故がありました。覚えてる人も多いと思います。あのときも救護班がただちにAEDと心臓マッサージ、酸素吸入を行ったため、意識を取り戻すことができました。救命講習の講師の方に聞いた話では、AEDをただちに処置できれば、彼が助けた人は1ヶ月で日常生活に戻れるまでに回復したのだそうです。

街中ではあちこちで見かけるようになったAEDですが、使い方は実は難しくありません。取り出すと装置にも使い方の説明が出ているし、スイッチを入れれば音声で案内が始まります。また、AEDの処置が必要かどうかは機械が自動で判断するので、素人の人が誤って使用するリスクはありません。

ただ、突然急に使うとなるとあわてるかもしれないし、そもそも使用することを思いつかないかもしれません。だから、事前にすべての人が、短時間でも使い方と正しい知識を学べる機会をもてるようにすることが大事なのだろうと思います。(最寄の消防署では講習をやっていますが、なかなかわざわざ受講するのは大変だと思います。)

たとえばアビスパ福岡は試合の日に試合会場で、試合前に、AED講習をやったことがありますが、横浜でもやるといいな。

#松田選手のご冥福をお祈りいたします。
22

横浜FCオフィシャルサイト - 2011年選手スタッフ紹介

http://www.yokohamafc.com/index.php?option=com_content&view=article&id=193&Itemid=5

予定通りオフィシャルサイトがリニューアルされました。お疲れさまでした。新装開店おめでとうございます。

オフィシャルサイト、新しいブログ、新しいツィッター、facebook、携帯サイト、F!メール、360度死角なしです。

たぶん、多くの人が望んでいることは、ちゃんと続けていかれるということかなあと思います。新しいことを始めては続かず、また始めてはまた続かず、ではなく。今回は大丈夫と信頼してます、頑張って下さい。

新しいオフィシャルサイトですが、僕たちクラメンの位置が、「パートナー」ではなく、「選手/クラブ」に移動になりました。選手や会社に並んだということです。

そのメッセージを受けとりました。頑張ってやっていきましょう。
21

BBQ


今年も盛大にBBQが。

スタッフの皆様、準備&後片付けとも大変だったかと思います。どうもありがとうございました。

しかも、炉専任スタッフの方まで配置していただいて。

我々の勧める食べ物にはほとんど手も付けず、にこやかに炭火の番をしてくださったK原様、ありがとうございました。

クラブハウスができる前は、サポ自身のBBQ地力が要求されるというか、まあ、勝手にやる感じがありましたけど(BBQ好きな僕にはそれもまた楽しいのだけど)、年々、至れり尽くせりな、お客様扱いというか、スタッフの方のオモテナシを強く感じるようになりました。

そこまでしていただかなくても、と少し感じるところもあるけれど、素直に感謝します。

なでしこは優勝するし、それについての会長の感想もお聞きできたし、水戸戦でのPKをめぐって主審と何を話していたのかゴウくんにもしっかり聞けたし、サポの方たちともいつも通り盛り上がったし、和気藹々と楽しみました。

クラメンであることを堪能した一日でした。
17

カード届く

cards
いやー横浜FCサポーターズカードが更新されて、新しいカードが届きましたー!

横浜FCを支えるサポーターの証!です。今までの(左上)は今となっては懐かしいシマシマモデルですが、新しいの(右下)は旗のようなシンプルだけど力強いデザイン。

しかもホームゲーム当日券割引付き!

横浜FCサポーターズカード
http://www.cedyna.co.jp/card/lineup/detail/yokohama_fc/yokohama_fc_01.html

特典としては、「横浜FCホームスタジアム及び横浜FCオフィシャルショップにて「YOKOHAMA FC SUPPORTERS CARD」でカード決済していただくと5%オフ!」もあるのだけど、会計のときにうっかり忘れちゃうことが多くて、後で思い出して後悔します。

今シーズンは割引してもらうようがんばります。
livedoor プロフィール
三ツ沢で生まれて、三ツ沢保育園→三ツ沢幼稚園→三ツ沢小学校と通い、毎日三ツ沢公園で遊んで育ちました。大人になった今は、三ツ沢でホームゲームを開催する横浜の二つの偉大なクラブの観戦を楽しんでいます:YSCCのJ3での活躍を願っています。


互いに素

ホームゲームのたびに三ツ沢に集まる数千人のサポーターたち。周りを見ると、年齢、職業、住む場所、家族構成、趣味、出身校などなど、共通するものがほとんどない人たちがけっこう多いように思います。でも、みんな横浜が好きで、週末になると横浜の応援のために集まってくる。共通するのは、横浜という大事な原点。横浜に勝ってほしいという気持ちだけがひとつにまとまる。

互いに素とは、二つの整数が1(とマイナス1)以外に共通する約数を持たない関係のこと。横浜が始まりの数1であり、唯一の公約数である・・・サポたちの多くはそんな関係なんではないかなと思います。横浜が繋ぐ、「互いに素」敵な関係って思ってもよいです。

なお、6/π^2は、二つの整数が互いに素である確率で、計算すると60%くらい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりの
  • 久しぶりの
  • 嵐の後のヴェルディ戦
  • 大雨の松本戦
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • 出場時間と勝ち点
  • 最後のホームゲームは勝利で終わる
livedoor 天気
  • ライブドアブログ