takaohblog

互いに素

2016シーズン。

2011シーズン

7

第34節鳥栖戦

YSとの練習試合中、こんなに勝てない中で、応援に行くサポの気持ちはどのようなものか?と聞かれました。

9月に一つも勝てず。10月は7試合を戦って1分け6敗。11月になり。これだけ勝てず、そして残りの試合もたった5つ、こんな状態で観戦/応援に行くモチベーションはなんだろう?とわからないままでした。

YSと、練習試合とはいえほぼベストメンバーで戦って完敗だったことで、なんというか、今年のチームに対する期待は完全に失せました。おそらくもう修正はできないだろうし、できたところでもうシーズンは終わってしまう。

そんな気持ちで鳥栖に向かいましたが、鳥栖はいまや昇格争いの真っ只中だし、11月だし、自然と5年前の11月の鳥栖戦を思い出しました。

あの日も雨。そして同じような場所から、おそらく昇格を決定付けたかもしれないシュートがこちら側のゴールに決まりました。打った人も、形もぜんぜん違ったけれど。

鳥栖のスタジアムDJが「ほぼJ1!」と何度も叫ぶので、面白いことを言うなあと感心してたら、「GO! J1」でしたが、まあ、もうほぼJ1なんだと思いますよ、がんばってください。今シーズン、某選手は横浜に来たかったらしいけど、鳥栖に残って正解でしたね。

帰りの福岡空港では、6年前のあの日と同じく、選手たちと一緒になりましたが、特に話すこともないし、話す気にもなれず。

no title
2011年11月6日(日)13時キックオフ
横浜 0-2 鳥栖
ベアスタ
11,372人

ナベが復帰はうれしいけれど、次節は高地選手が出場停止。続きを読む »
3

地域振興

関東リーグは全日程を終了していて、今はカップ戦の準決勝を控えたところ。
地域リーグとしては、今月18日から全国決勝大会のファーストステージを3日連続で戦い、生き残ったチームによって決勝ステージが12月に予定されている。

本牧から、今年も関東王者YSCCが、今年こそのJFLへの昇格を目指し、がんばっている最中。

そんな彼らに、地域決勝でがんばって来いよというエールを送るために、今日は横浜FCのチームも一肌脱いだ。ホームタウン活動だったんだよね、今日は。きっと。
2

Guiness!

なんだかすごい記録になってしまったようだけど、まあ、それだけ珍しい事故だったということで、気にしないのが一番かな。

ビールでも飲んで、気分転換しよ。

IMAG0727
あわてずに泡立てると美味しいよ。
30

10月は6敗と1分け

一ヶ月の間に公式戦が7試合。

それもほとんどが負けなので、いい加減、疲れました。
今日は昼を過ぎても、なかなか出かけるぞという気になれず。
ごめんなさい。

それにしても、最初に札幌に負けたあの国立での試合から、まだ一月も経っていないなんてな。ずいぶん前に起こった出来事のような気がする。

国立霞ヶ丘→松本→長良川→三ツ沢→鳴門→前橋→三ツ沢・・・あちこちよく出かけたものだ。選手やスタッフのみなさんもお疲れ様でした。

明日で今月も終わりなので、月が変わったらまた気持ちも新たに、鳥栖まで行ってきます。

ふう。

IMAG0719


2011年10月30日(日)
横浜 0-1 岡山さん
三ツ沢
4,270人
27

第7節草津戦

なにしろ今ごろの第7節である。

僕らの草津戦に限らず、昨日は待ちに待った試合となった方もいらっしゃるのでは。

なんてことを、やっと故郷でプレーすることができた憲太郎選手の試合後のなんとも穏やかというか、安心したような笑顔を見て思ったのでした。友人にご家族、ご親戚もいらっしゃるだろうし、特に大切な試合だったんではないでしょうか。事故のような失点はあったけれど、よく守ってピンチを救ってくれたし、よかったです。

そんな憲太郎選手の活躍もあったからか、こちらの方が決定機も多かったような印象を持ったし、勝てたんじゃないのかなあという気がします。

ただ、見事なまでのシュートのはずしっぷりはいつも通りかもしれないけど、やっと同点に追い付いてからの、いよいよ盛り上がってきたときに藤田(よ)選手の、ゴール前まできてシュートを打たずにカイオにパスを出した姿勢に心底ずっこけました。出場しようとしなかろうと、いつも期待してみていただけに。出番が回ってきたら絶対やってくれると思ってるのです。がんばって。

徳島戦とは違って、ベンチに七人も人がいるので、今日は豪勢だなーと思ってたんですが、二人を交代した時点で控え選手たちはアップをやめてしまった。まあそういうことだったんですね。ヒロシ選手が戻ったけど、次は謙介選手が出られない(あのカードは、よくぞもらったと感心した)。厳しい状況は続く。

2011年10月26日(水)
横浜 1-1 草津
正田醤油
2,046人

24

第32節徳島戦

徳島の日帰りはけっこう辛い。

正直なところ、観戦のためだけに遠征するのもだんだん気乗りしなくなってきていた気がする。

なにしろ9月以降は勝利もなく、JFLには負けるし、Jリーグ底辺王争いにも敗れるし、10月に入ってからも公式戦4連敗中。

そして、実際、昨日も後半のあの戦いっぷり。

攻撃にブラジル人3人をかけても、1点も取れやしない。
逆にカズさんをひっこめフランサを投入して以降、3点も奪われる始末。

明らかに力不足で、19位という順位も伊達じゃない。

一方で、19位のチーム相手にホームで4ゴール、「取りこぼす」ことなく勝ち点3を追加して3位に浮上した徳島も、伊達に昇格争いをしているわけじゃない。

だけれど、本職のCBがたった一人。控えも怪我あがりの選手を含んでもわずか5人、ベンチも温めきれやしないという人手不足の危機的状況で迎えたこの試合、ウォームアップ前、ゴール裏の円陣に呼応するかのように選手たちも円陣を組んだんでした。そして僕たちも選手たちを鼓舞し、よい雰囲気で試合に望んだのでした。

やっぱ、いいなあ、鳴門まで来た甲斐があったなあと思ったし、それに相応しい前半の攻撃と守備だったと思いました。

厳しい状況だけど、残りの試合も結束してがんばっていきましょう。あ、結戦か。

no title

2011年10月23日(日)17:00キックオフ
横浜 1-4 徳島
ポカリスエット
7,358人
22

徳島へ

明日は徳島。

日曜の夕方5時キックオフなので、終わると夜7時。最後の飛行機が18時55分なので間に合いません。検索すれば19時半発の福岡行きの便で福岡乗換えという手もあるようだけど、それも間に合わない。

神戸までバスや車で移動できれば最終の新幹線に乗れるので、おそらく明日日帰りで行かれるサポの方の多くもそうされるのかと思います。あとは夜行バスか自家用車か。

明日はなんとか日帰り可能できるギリギリの時間だけれど、すべて日曜開催となる来シーズンは、月曜も(朝だけでも)休まないといけない遠征があるのだろうなあ。

さて、そろそろ新幹線の切符を買いに行こうっと。
21

今ごろ第6節FC東京戦

久しぶりの三ツ沢はやっぱりどのスタジアムよりも素晴らしい雰囲気で、相手も首位なので申し分なく(苦笑)、なにより久しぶりにみんなで声を合わせて応援するのは最高で、後は勝利さえ掴めれば。

90分+5分までは勝利を信じて応援していたのだけど、勝負の世界は厳しいですね。アウェイで3−0で負けるのも情けなかったけど、ホームでロスタイムに0−1で負けるのも心が痛かったです。試合後はちょっと飲みすぎました。この試合だけならば、首位相手によく戦った、惜しかった、と飲み込めますが、なにしろ10月に入って4連敗。ふぅ。

でも、三ツ沢での試合は素晴らしいし、やっぱりみんなで応援するのは最高なので、あとは勝利を信じてこれからも応援するのみです。明後日はもう徳島行きだし、楽しみです。

no title

2011年10月19日(水)
横浜 0−1 FC東京
三ツ沢
6,230人

謙介選手と野崎選手をロスタイムに入る頃に交代しようとしたのは、もう時間稼ぎで、そのまま引き分け狙いなのかなと思い、弱気な感じに少しがっかりしました。でも中野選手が退場になってしまって戦略が崩れてしまい、引き分け狙いならDFを投入すべきと思ったのだけれど、なにしろDFの控えがいないから、そのまま野崎選手が入った。という流れなので、最後の失点もしょうがないのかなとは思います。次の試合。CBは足りるのでしょうか??
19

ふるさとへ

久しぶりの三ツ沢。

思い起こせば、三ツ沢で草津に勝って以来、勝ちが無い僕ら。あれは8月の最後の週だった(8月27日ですね)のだから、もう50日以上も勝ってないし、三ツ沢でも試合をしていないのだな。今日はホームなのだから、きちっと勝とう。
17

長良川の戦い

FC岐阜がJリーグ昇格以来、何度も出かけている長良川ですが、この神奈川からの車で行くには遠すぎないけれど近くもないという微妙な距離感のため、いままでなんの観光もしたことがありませんでした。そこで今年は、一泊して白川郷にでも行くかとも思っていたのですが、子どもの部活と重なり断念。

いつも山の上からこちらを見下ろす岐阜城が気になってはいましたが、スタジアムから歩くには遠いので、織田信長つながりということで、試合前にお墓参りに行ってきました。

IMAG0648
織田信長さんの菩提寺、崇福寺は陸上競技場からメドウに向かう途中にあり、競技場から徒歩2分くらい。広く立派なお寺ですが、静かな佇まい。

IMAG0656
僕以外には見学客も参拝客も誰もいなかったため、戦いの前のひと時を静かな気持ちで過ごすことができました。

IMAG0655
庭もなかなか趣きがあってよい場所でした。試合時間が近づくと、岐阜サポの人たちのチャントが聞こえてきました。

IMAG0652
こちらが織田信長さんのお墓。試合前に拝んでおいたのでしたが。

IMAG0650
本堂にはけっこうな展示品がいろいろって、こちらは織田信長直筆の書だそうです。達筆というか、味のある書ですね。中に入って見学するには入館料300円を納めますが、見ごたえ十分でした。

16

結戦

IMAG0665

ピッチもバラバラ。サポと選手とスタッフ・フロントもバラバラ。
みんなが、それぞれの立場で哀しいときだと思いますが、がんばっていくしかないですね。
早く、結戦という感じになれますように。

2011年10月15日(土)
横浜 3-4 岐阜
長良川
5,236人
livedoor プロフィール
三ツ沢で生まれて、三ツ沢保育園→三ツ沢幼稚園→三ツ沢小学校と通い、毎日三ツ沢公園で遊んで育ちました。大人になった今は、三ツ沢でホームゲームを開催する横浜の二つの偉大なクラブの観戦を楽しんでいます:YSCCのJ3での活躍を願っています。


互いに素

ホームゲームのたびに三ツ沢に集まる数千人のサポーターたち。周りを見ると、年齢、職業、住む場所、家族構成、趣味、出身校などなど、共通するものがほとんどない人たちがけっこう多いように思います。でも、みんな横浜が好きで、週末になると横浜の応援のために集まってくる。共通するのは、横浜という大事な原点。横浜に勝ってほしいという気持ちだけがひとつにまとまる。

互いに素とは、二つの整数が1(とマイナス1)以外に共通する約数を持たない関係のこと。横浜が始まりの数1であり、唯一の公約数である・・・サポたちの多くはそんな関係なんではないかなと思います。横浜が繋ぐ、「互いに素」敵な関係って思ってもよいです。

なお、6/π^2は、二つの整数が互いに素である確率で、計算すると60%くらい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりの
  • 久しぶりの
  • 嵐の後のヴェルディ戦
  • 大雨の松本戦
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • 出場時間と勝ち点
  • 最後のホームゲームは勝利で終わる
livedoor 天気
  • ライブドアブログ