takaohblog

互いに素

2016シーズン。

東日本大震災

12

横浜でも放射線管理区域?

横浜でストロンチウム検出 100キロ圏外では初
http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY201110110626.html

ウランを核分裂させるとプルトニウム、セシウム、ヨウ素、ストロンチウムなどができる。東電は事故の当初、プルトニウム、ストロンチウム、セシウム、ヨウ素を測定していたのが、測定ミスがあって国に叱られたため、それ以降はプルトニウムとストロンチウムの検査を中止して、ヨウ素とセシウムのみ検査するようになった。

ヨウ素とセシウムは比較すればたくさん出る一方、プルトニウムとストロンチウムは比較すれば少ないというのもあったのだろうけれど、なにしろ80京だか100京だかが排出されたのだから、絶対的にはどれもかなりの量のはず。

今までプルトニウムやストロンチウムが検出されたという報告がなかったのは、存在していなかったからではなくて、つまり、単に測定していなかったから。

民間が独自に検査したら、横浜市内のマンションの屋上でストロンチウムが検出され、それが原発から100km以上離れた箇所では初めてだということなのだけど、ストロンチウムが初めて存在したということではなくて、初めて測定したということなんだろう。まあ、特に驚くことではない。

(ストロンチウムは海にも大量に流れてて、それを摂取したであろう魚の骨に溜まっていると考えられるということだったので、うちは魚の骨にはずっと気を付けている。)

同じ場所で、キロあたり10万ベクレルを超えるセシウムも検出されたということで、かなり放射性物質が溜まっているけど、この場所に限らずどこも似たような状況なのだろうと思う。

法律に定められた「放射線管理区域」の定義は、アルファ線以外について1平方センチメートルあたりの面積に4ベクレルということです。

検査され報道されているのは、キログラムあたり何ベクレルかという重さ(あるいは体積)で表示されているので、比較できない。

困った。

土の場合、体積1立方メートルあたりで約2トンの重さがあるので、1kgの量の土は2000で割って、500立方センチメートルの体積ということになろう。

でも、1平方センチメートルの面積を考えないといけない。

500cm^3÷1cm^2=500cm

つまり、1kgの土は、面積1平方センチメートルで500cmの深さ。それで10万ベクレル。

ベータ線は、1cmの厚みの土までは飛び出して放射されると好意的に仮定すると、500cmの500分の1、なので、1平方センチメートルあたりは10万ベクレル÷500=200ベクレル。

法律では4ベクレルを超えると放射線管理区域なのだから、このマンションの屋上もおそらくは放射線管理区域に設定しないといけないことになるのだろうね。

つまり、放射線管理区域という表示をして、屋上には人が立ち入ることができないようにしないといけない。そういう場所は、きっと横浜市内にたくさんあるのだろうし、横浜市外にもたくさんあるんだろうな。
11

要するにウソツキ

「忘れて」太陽光200万戸公約、知事が撤回
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20111008-OYT1T00001.htm

震災後の知事選挙戦中に街頭で太陽光パネルを掲げみたら、支持を集めて当選してしまったわれ等が県知事。

神奈川県内の各ご家庭に太陽光パネルを設置するという公約だったのだけど、とうとう、やっぱり太陽光パネルは止めときます、ということだそうです。

今の技術では無茶苦茶な政策だと思ってたので、中止自体はとても喜ばしい。この低迷したチーム状況にあって、僕としては一番のいいニュースです。

われ等が県知事は、どうもエネルギー問題には明るくなかったようで、前に、自分には詳しいことはわからないが、でもリーダーには「要するに」が大事なのだ、とにかく突っ走るのだ(http://blog.livedoor.jp/takaohblog/archives/51872386.html)と開き直ってたのだけど、まあ、要するに政治に利用しようと思ってただけなのかな。

さて、太陽光パネルで当選したのにその公約を破るのだから、どうスジを通されるのだろうか。
20

凍結

先日、横浜市は高い放射能を帯びた物質を含む汚泥を、南本牧の埋立地の海に投棄するという予定だという話を書いたのだけど、住民の反対でその計画が凍結されたので、先週のことだけどいちおうフォローしときます。

横浜市は、子どもたちの給食に放射性物質を含んだえさで育った牛の肉を出しちゃったこともあって、その際にも市長はうっかり、風評被害を出さないためには子どもたちを被曝させてもしょうがない、というような趣旨の発言をしてしまって、後になって何かまた釈明されていたけど、僕にはスジ違いな気がした。

今回も、住民にちゃんと説明して理解を得られたと思ってたらそうではなかったようだという、コミュニケーションに問題があったために凍結することにしたというような話だけれど、なにか根本的に間違っているような気がする。環境創造局が環境破壊してはいけない。

ともかく凍結されたのは喜ばしい。

金沢に溜まる一方の放射性汚泥をどうするかという問題が残るわけで、市は安全な場所に埋めたいみたいだけど、東電が出したゴミなのだから、東電に引き取ってもらうのがスジだろうと思う。出た場所に戻すしかない。日本中から放射能を帯びたゴミを集めるのは大変だけど。エントロピーは増大するのだな。



放射能含む焼却灰 埋め立て当面凍結
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001109150005
14

横浜の海!

IMAG0273

先月、子どもの夏休みの社会科見学として、金沢区のゴミ処理工場に行って来ました。ゴミ処理の現状やゴミ発電についてなど、いろいろ有益なお話を聞くことができて、とてもタメになりました。

写真はそのときに写したもので、上のほうに写っているのは隣接した汚泥処理工場です。その敷地内にブルーシートが置いてあるのが見えますか?

これは、市内の下水を処理して出てきた汚泥です。本来はとっとと処分するものなのだけど、放射能が検出されたため、処分できずにとりあえず敷地内の空き地に山積してブルーシートをかけているのでした。

市内から集まった下水にこれだけの放射性物質が混ざってたということで、もう我々の日常生活に、身近なところに、これだけのものが入り込んでいたわけです。テレビやネットの情報と違って、こうして実際に自分の目で見ると、さすがに実感して愕然としました。

ところで、ゴミ処理工場の見学の際、現在、横浜市のゴミの最終処分に用いる埋立地は南本牧の1箇所だけだと聞きました。

それから一ヶ月。

あのブルーシートは増える一方だろうし、空き地も限りはあるのだろうし、ずっと放置するわけにもいかないのだろうし、どうするのだろうと気になっていたのですが、横浜市は本牧の海に放射性物質をそのまま廃棄することを決めてしまった。

海に廃棄すればその分海面が上昇するので、その海水をゼオライトという物質を使って放射能を除去するようですが、もちろん完全に除去できるわけではないです。

汚泥の放射性物質の濃度は約6,500ベクレル(kgあたり)ということで国の埋立基準を下回っているということではあるのですが、6500ベクレルということは、1秒につき6500本の放射線が飛び出るということだから、かなり高い感じがしますね。



横浜市記者発表資料「下水汚泥焼却灰の埋立を実施します」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/kisha/h23/images/110909-1.pdf
31

気仙沼へ

鳥取戦の日は気仙沼へ行っていました(復路に福島)。

前から、しばらくしてから何か手伝いに行かれたらと言っていたので、(報告するようなことでもないのだけれど)いちおう書き留めておきます。いろんな思いはありますが、ごく一部の写真を数枚。

IMAG0312
到着して目に入るのがこの船(似たような船はあちこちにたくさんあったのだろうけれど。)この場所に来るまで、いろんなものをなぎ倒してきたのであろう、その存在感に圧倒されました。

BlogPaint

IMAG0325
駅のホームから、僕が見た風景。

IMG_0002
同じ場所から、震災直後の風景(いただいた画像です)。ずいぶん片付けられてきたことがわかります。

IMAG0320
向日葵に合掌・・・。
7

太陽光で突っ走る!

このブログでは、福島原発以降、県知事が太陽光発電を推進するというのをフォローしてきました。

昨日、ニコニコ生放送で、われらが県知事と武田邦彦中部大学教授の対談が行われましたので、感想を交えながら、またフォローしておきます。

7月6日ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv55456974


【われらが県知事】
・3月の選挙のとき、誰も気にかけてくれなかったが、『脱原発』と言ったとたん、注目してもらえるようになった。そこで『自然エネルギー、太陽光発電!』と実際に太陽光パネルを掲げたら、当選できた。

自慢気です。

【武田先生】
・昔から日本は太陽光利用を研究しているが、30年やってもどうにもならない。技術の世界では30年やってもダメなものは、もうダメなのだ。

・そもそも『再生』エネルギーというようなものはない。自然エネルギーはすでに自然が使っている。人間がそれを利用するということは、環境破壊に繋がる。かつて、佐世保市に頼まれて、市の利用する電力のうち、太陽光発電で8%をまかないたいということで調査の依頼を受けて、2年かけて調査した。分かったことは、それによってすべての野生の動植物が死滅するということだった。

・ドイツも12兆円かけて太陽光発電を導入したが、国内の需要の0.2%しか発電できず、結局、新たに導入することは止めている。

ともうけちょんけちょん。

【われらが県知事】

武田先生に自然破壊といわれたら、とたんに自然エネルギーの話はトーンダウン。

・原発が止まって電力不足なのだから、早急に何かが必要だ。
・脱原発だけど反原発ではない。
・火力発電は環境に負荷がかかる。緊急避難的に新しいことをはじめないといけない。電力不足のために。太陽光発電で足りるとは思ってない。

太陽光ではダメらしいと感じたとたんに、原発に対してだんだん容認する姿勢になっていった。脱原発だけど反原発ではないとは、苦しい弁明のように感じました。

最初は威勢よく、神奈川の各家庭に太陽光発電を!と勇ましかったのに、最後には足りるとは思っていないとかなり縮小・・・。

しかし、太陽光ではコストがかかるだけで電力が足りないよと、ドイツの例も出しているのに、それでも「太陽光発電にかかった費用は、売電することで元が取れるのだ」としぶとい。いや、そもそもコストに見合うだけの電力が得られないという話なのですが・・・。

逆に、コストに見合うだけの高い金額で電力会社に買い取らせたとしたら、その分の電力会社のコストは、価格に転嫁されて、結局は利用者が負担することになるでしょう。

【武田先生】
ご本人も目の前にいることだし、気を使ったのか、呆れてものも言えなくなったのか、「黒岩さんは非常時でやってんだから、よくわかりました。」ともう相手にせず。ただ、「政治が先導するとさまざまな弊害が出てくる」と強調されていました。

【われらが県知事】
最後は、
・リーダーは『要するに』が大事。ああだこうだ言わない。
・電力不足に対して太陽光だ。自分は工程表なんてわからない。とにかく突っ走る。突破するのだ。
と、開き直りでしょうか。

武田先生の「自然エネルギーを人間が利用すると環境破壊に繋がる」という言葉を聞いて、われらが県知事はきょとんとしていたので、やっぱり何もご存じないのかなとがっかりしました。

われらが県知事の太陽光発電に関する政策には、科学的な根拠も、技術的な根拠も、経済的な根拠も、まるでなかったのだなと感じました。選挙戦で、時勢に乗って「脱原発!太陽光!」と言ったら当選しちゃったもんだから、それで突っ走ってるだけのようです。

大丈夫かな、神奈川。
16

Mr.ピッチは泣いているかな

さよなら校庭の芝生、高線量で決断 福島・桑折の小学校
http://www.asahi.com/national/update/0616/TKY201106160276.html

福島県内の公立小中学校の中で、ただ1校だけ校庭が前面芝生だった学校が、芝生の放射線量が高すぎるため、芝生を剥ぐことになったというニュース。

ああ、Mrピッチの夢が一つ壊れていく・・・。

昨年、設備については県の補助を受け、児童たちが、先生と地域の人たちと一緒に、JFAから提供された芝生を自分たちで植えたのだそうだ。管理はJビレの専門家の助言で行うとう福島ならではの体制で、きっとさぞきれいな芝だったのだろうと想像する。

校庭が芝になって以来、生徒たちの怪我も減り、陸上大会でも好成績を収めるなど、効果が見られるようになっていたんだとか。

「ふわふわして、あったかーい」「ぜんぜん、いたくない」。

同様に芝生を植えた同じ市内の認定こども園では、夏に芝生が青々と育つと、園児たちが芝生の上でサッカーをする姿が見られたのだそうだ。(少年サッカーニュースhttp://blog.livedoor.jp/u_san_child/archives/1560897.html

そんな芝を剥ぐのは辛い。

でも。

校庭を除染し、子どもたちを放射能汚染から守るのは素晴らしいことだ。

またいつか、芝を植えなおして、福島の青空の下、緑の芝の上で子どもたちが遊ぶ、サッカーをする、そういう日が早くくることを願うばかりです。

「全国の子供たちが元気にスポーツを楽しめる環境をつくりたい」・・・Mr.ピッチの夢は広がります。
12

お茶の汚染

いよいよ神奈川でも作物が放射能汚染で出荷できなくなった。

最近は、飛び地的に柏や松戸など千葉県の一部で放射線が強いホットスポットが話題になっていたけれど、放射性物質は累積されるので、いよいよ神奈川もダメになってきたのだなあとショックです。家庭菜園なんかも心配です。

8000km離れたチェルノブイリからの放射性物質も風に乗って日本を汚したし、さらに4万キロ旅をして地球を一周りしてもう一度日本にやってきたそうだ。

その頃にもやっぱり日本の作物も被害を受けたのだけど、当時の汚染された日本のお茶を保管されている方のブログを見ました。

放射能汚染茶の記憶
http://tomtittot.asablo.jp/blog/2011/03/24/5755566

当時は、国内の基準値(当時というかこの間まで370ベクレル/Kg)の10分の1(37ベクレル/Kg)を自主的な基準値として設けていたのだとか。

今ならただちに健康に影響のないレベルなのになあ。

僕たちはずいぶん遠いところに来てしまった。
25

今日の一幕【Jリーグ再開】

待ちに待ったJが再開した。

こういう時期で、Jにできること、Jだからできることなどもあるのだろうと思う。

地域密着だし、そしてそれは全国に仲間がいるということだし、だからひとつにまとまれば力が生まれるのだろう。

Team As Oneというのは、実にその通りだなあと思う。

そういうわけで僕もAsOneTシャツを買いました。

両サポーターが「日本」コールをした会場もあったそうだし、キックオフ前にサポが「上を向いて歩こう」を合唱した会場もあったそうだ。

Jリーグ、いいなあと思う。

DSCN1481

三ツ沢に来てくれた鳥栖のサポーターたちのメッセージ。

「がんばろう東日本!チカラをひとつに。」

直接の被害には遭わなかった鳥栖だけれど、そういう他者を思いやれる心を持つのは素敵だなあと、試合中にずっと感じていました。僕らはたいした被害に遭ってないし、今は停電もしていないし、これは被災地に向けたメッセージなのだろうけれど、「どうもありがとう」と感謝の意をここに表しておきたいと思います。
21

がんばろうニッポン!

いよいよ再会のJリーグは、4月中は半旗に喪章、そしてキックオフ前の黙とうが決まったということです。(あと募金活動ね。)

それからJFAは「東日本大震災 復興支援活動」の案(http://www.jfa.or.jp/jfa/rijikai/2011/20110414/pdf/k20110414_1.pdf)をまとめ、支援活動として、
1)サッカーファミリー復興支援金募金活動
2)被災地・被災地サッカーファミリーへの物資支援
3)サッカー教室・キッズプログラム等の実施
をあげている。

復興支援金については、その目的を、(http://www.jfa.or.jp/jfa/rijikai/2011/20110414/pdf/k20110414_2_2.pdf
「本募金活動及びその運用は、東日本大震災で被災した地域のサッカーファミリーが、これまで通り、誰もがいつでもサッカーを楽しむことができる環境の復興を目的に実施する。」として、活動内容に、
(1)本募金活動に関する関連活動
(2)被災地・被災地サッカーファミリーへの物資支援
(3)サッカー教室・キッズプログラム等の実施
(4)その他、東日本大震災 復興支援検討委員会(以下「検討委員会」という)が認めた活動
としていて(性格上、上記の「復興支援活動」と重複するけど。)地域、各都道府県リーグ、Jリーグと協働で実施の予定。

それから僕らに関係あることといえば、TOTO。

東日本大震災の被災地の復旧・復興支援に関するスポーツ振興くじ助成事業の対応方針について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305002.htm

1.短期的な対応
(1)Jリーグスタジアムの緊急復旧のための施設整備支援
(2)スポーツによる被災地の子どもたちの心のケア活動等の支援
2.中期的な対応
被災地のスポーツ環境の復興支援
3.その他
Club totoポイントによる「東日本大震災義援金」の寄付

ということなので、まずはスタジアムの整備ということで、これは被災地のためでもあるけれど自分たちのためでもある(Jの試合が問題なく開催されてこそのTOTOだろうからね。)

今までTOTOは買ったり買わなかったり、というか、たまにしか買ってなかったけれど、そういうことならば、今回から継続的に買っていこうと思います。

とりわけ子供たちの心のケアはすごく大事に思うので、これはTOTOもJも協会も、できることはなんでも取り組んでほしいです。

この週末から、Jリーグが、そしてJによる復興支援が、いよいよ動き出す!ということで、ワクワクするなあ。

まずはチャリTをゲットしよう。

_hea_log
20

Jヴィレッジ

http://www.youtube.com/v/lnZBhsesBxw

福島で原発事故と戦ってくれている自衛隊の方たちは、Jヴィレッジを拠点とされている。

どんなに大変で、どんなに苦労して、どんな思いで業務に従事されているのか、僕の想像はその現実にはるかおよばないだろう。

先日、防衛庁が画像を公表したので見てみたけれど、緑のピッチの上にヘリコプターが降り立つし、駐車場では戦車が走っているし、敷地内では放射能汚染を洗浄しているし、現実はこういうことだったのだなあと実感しました。当たり前だけどこれは大変な事態なんだなあ、と。

建物内の映像はこっちに。

原発対応の拠点「Jヴィレッジ」の映像公開
http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn110419_2.htm

自衛隊の皆様、日夜ありがとうございます。
livedoor プロフィール
三ツ沢で生まれて、三ツ沢保育園→三ツ沢幼稚園→三ツ沢小学校と通い、毎日三ツ沢公園で遊んで育ちました。大人になった今は、三ツ沢でホームゲームを開催する横浜の二つの偉大なクラブの観戦を楽しんでいます:YSCCのJ3での活躍を願っています。


互いに素

ホームゲームのたびに三ツ沢に集まる数千人のサポーターたち。周りを見ると、年齢、職業、住む場所、家族構成、趣味、出身校などなど、共通するものがほとんどない人たちがけっこう多いように思います。でも、みんな横浜が好きで、週末になると横浜の応援のために集まってくる。共通するのは、横浜という大事な原点。横浜に勝ってほしいという気持ちだけがひとつにまとまる。

互いに素とは、二つの整数が1(とマイナス1)以外に共通する約数を持たない関係のこと。横浜が始まりの数1であり、唯一の公約数である・・・サポたちの多くはそんな関係なんではないかなと思います。横浜が繋ぐ、「互いに素」敵な関係って思ってもよいです。

なお、6/π^2は、二つの整数が互いに素である確率で、計算すると60%くらい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりの
  • 久しぶりの
  • 嵐の後のヴェルディ戦
  • 大雨の松本戦
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • 出場時間と勝ち点
  • 最後のホームゲームは勝利で終わる
livedoor 天気
  • ライブドアブログ