takaohblog

互いに素

2016シーズン。

オリンピック

10

【オリンピック】おめでとう!銀メダル

アテネで準々決勝進出のベスト8、北京で準決勝進出の4位、そしてロンドンで決勝進出の2位。立派なものです。次はリオで1位目指してがんばってほしいです。

その頃には世代交代も進んでいると思うけれど、このベスト8や4位の成績で若い選手もどんどん増えて育ってきている。ワールドカップ優勝にロンドン銀メダルで、ますます選手の層も厚くなって、強くなっていくんではないでしょうか。

リオの頃には、横浜FC所属や出身の選手がオリンピックのピッチに立っているかもしれません。もう僕たちは、間接的には、矢野さんや近賀さんと繋がったのだからね。楽しみでしょうがないです。

それにしても決勝戦、やっぱりホープ・ソロさんから点を奪うのは大変でした。さらにクロスバーまで従えているのだから。スタジアムに、「ハンのことは忘れて、僕をミスター・ソロにしてください」というボードを掲げたアメリカ人と思しき兄ちゃんがいて、ちょっと笑えました。人気と頼り甲斐っぷりが伺えますね。

なでしこ選手は概して比較すれば、小柄な選手ばかり。体の大きなアメリカ人選手や欧州の選手たちとやり合うのはほんとに大変なのだろうと思います。凄いことです。ただ、日本女子にも、バレーボールには大柄な選手がたくさんいるわけで、これから体格に恵まれた女の子は、サッカーに進んでくれるケースも増えてくるんじゃないかと期待します。伊藤みどりさんの活躍があって、その後、日本がフィギュア大国になっているように。

おめでとう!銀メダル!
8

【オリンピック】男子は三決へ

連日眠い日が続きます。

男子は決勝進出ならず。3位決定戦を韓国と戦うことになりました。
3決で日韓戦、これはこれで燃えますね。楽しみです。

メキシコ相手に、ワールドカップならビビるところですが、オリンピックだし、直前のウォームアップで対戦して勝っているので、これは勝てるかなと思ったのですが、甘かったです。対戦しているのはメキシコからみれば、それはそれで有利な点と思っただろうし。今まで快進撃を続けてきた日本男子だけれど、どうも今までのキレがないような印象でした。キリンカップまで戻ったとは言わないけれど、さすがに連戦でコンディションが落ちたのでしょうか。リーグ戦とは違う、こういうトーナメントの難しいところなのかと思います。

でも、まあ男子にとってはフル代表ではないですからね。Jリーグでいえば、もちろんユースチームではなくて、トップチームではあるけれど、スタメン組ではない、サテ戦みたいなもん。ブラジル目指してがんばりましょう。

ロンドンオリンピック準々決勝 2012年8月7日
日本 1-3 メキシコ

あ、土曜は赤レンガのアレグリアデメヒコにでも行ってみようっと、
7

【オリンピック】セミファイナル

まずは決勝進出、おめでとうございます。

リーグ戦ではまず見られないような戦術で戦って、勝利を手に入れました。
前半、かなり飛ばして、ずいぶん忙しいサッカーだったけれど、こんな調子では後半は動けなくなるんじゃないかと思いました。前半はたしかボール支配率が60:40だかで日本だったのが、後半は46:54。単純に計算して、後半だけだとつまり、32:68ってことか。前半、動き回った日本は後半、動かなくなった。

それも、きちんと前半に先制し、後半の早い時間で追加点を取ったからこそ。でかくて速い相手に、現実的に、確実に、勝利をつかむためで、すべてはおそらく監督のゲームプラン通り。さすがです。

まあ、相手に点を取られた直後にPKを与えちゃったときはビビったけど。

今日は眠かったけど、ほぼ最高な気分でした。

ロンドンオリンピック準決勝 2012年8月6日
なでしこ 2-1 フランス
5

【オリンピック】男女そろってセミファイナルへ、英国は敗退

男子も準々決勝を勝利し、準決勝へ。
男女ともベスト4進出でこれはすばらしい。
五輪開幕前は、男子はなんだかぱっとしなかったのだけど本番に強いのか。

ちなみに開催国でサッカー発祥の地、英国は男女とも準々決勝で敗退。
ひょっとして男女とも決勝戦は英国相手かなあとなんとなく想像してたので、ちょっと拍子抜けです。

女子の準々決勝の、日本ではないほうの枝の対戦は、
アメリカ対ニュージーランド、
英国対カナダ、
って4か国とも大英帝国関係だったんだから、世界を席巻した大英帝国の威力というか底力を改めて感じたのだったけど、本国が敗れてしまうとは。まあ、栄枯盛衰、今は昔ですね。

女子の準決勝は、
日本対フランス、
アメリカ対カナダの北米対決。
決勝はアメリカとかな。あと2試合、ひとつ勝てばメダルをゲット。でもふたつ勝って優勝しましょう。

男子の準決勝は、
日本対メキシコ、
韓国対ブラジル、
どちらも東アジア対中南米の対決。おもしろい符合だ。

男子の場合はまた女子とは違う意味でワールドカップとは異なるのだけど、五輪だったらメキシコ相手ならいけそうな気がしますね。メダル目指してがんばって。

ところで、清武選手はいい選手ですね。ボールを失ってから鬼のようにプレスをかけて、迫力でボールを奪ってからまたすばらしい動きで絶妙なパス、という日本の一点目のときの働きで、すっかりファンになってしまいました。大分はいい選手を育てたのだなあ。FIFAのサイト見ても載ってないけど、マンオブザマッチということで。

ロンドンオリンピック準々決勝 2012年8月4日
日本 3-0 エジプト
4

【オリンピック】セミファイナルへ

ブラジル相手に勝利。準決勝へ進みました。

ブラジルは最初からがんがん攻めてきて、CKもたくさん取られるし、厳しかったな。
ブラジルはあれだけ攻めてて点が入らないのだからイライラしただろうけど、なでしこさんたちは守備もしっかり、よく守った。

攻め込まれていたから守りに忙しかったけれど、チャンスでの攻撃への切り替えがまた早く(センターライン付近でボールを受けてからの、川澄さんの相手ゴールへ向かって、スイッチが切り替わる瞬間がかっこよかった)、また最後の決定力も高くって、FWがきっちり点を取れるのは頼もしいです。


試合後のインタビューでは、勝利の喜びというより、次の試合に向けてのコンセントレーションが感じられて、その戦いの只中にいる雰囲気がとても素敵でした。

あと2試合、連勝で行きましょう!

ロンドンオリンピック準々決勝 2012年8月3日
なでしこ 2-0 ブラジル
1

【オリンピック】予選突破

予想通り予選を突破したけれど、意外に苦戦した感じがします。ワールドチャンピオンなのでもう少し力の差を見せ付けて勝てるのではないかと勝手に予想していたのかもしれません。でも、ワールドチャンピオンといえども圧倒的に他チームと差があるわけではない。そんなに簡単にワールドチャンピオンになったわけではないってことですね。

スウェーデン戦も厳しい戦いになりましたが、いいシュートを放つのになかなかゴールを割れませんでした。それにしても、副審の方の旗を揚げる姿が凛としてかっこよかったなあ。

まあともかく結果は0-0。

次は南アフリカ戦で、そこまでの結果は、
1位スウェーデン 勝ち点4
2位日本     勝ち点4
3位カナダ    勝ち点3
4位南アフリカ  勝ち点0
で、南アフリカですら日本に勝ってカナダが負ければ3位で予選突破の可能性がある状態。

仮に日本が負けた場合、
1位スウェーデン 勝ち点7
2位日本     勝ち点4
3位カナダか南ア 勝ち点3
では予選突破だけど、
1位カナダ    勝ち点6
2位スウェーデン 勝ち点4
3位日本     勝ち点4
4位南アフリカ  勝ち点3
とか
1位スウェーデン 勝ち点5
2位カナダ    勝ち点4
3位日本     勝ち点4
4位南アフリカ  勝ち点3
なんてな結果だと予選落ちもありえた状況。

なので、負けるわけにはいかなかった試合ですが、結果は引き分け。

2位抜けだと移動がなくてよいとか、とにかく引き分け狙いで予選突破を目指したとか、いろんな意見もありましたが。

たしかなのは、それまで試合に出てなかった選手たちを先発で使ったこと。疲れた選手を休ませたいというのと、控え選手に活躍の場を与えたいというのが、たぶん監督の一番の狙いだったのだろうなあと想像します。

ともかく、グループステージは2位抜け。

次の準々決勝の相手はブラジル。8月3日の夜中のキックオフ。
26

【オリンピック】なでしこまずは一勝、男子もがんばれ

眠かったけど、がんばって起きててよかったです。
というか、興奮して眠らずにすみました。今日も一日、活力に溢れ、寝不足だけど眠くないという状況。
なでしこ素晴らしい。

大会前のウォームアップマッチで心配するような声もあったけれど、まあなにしろワールドチャンピオンだし、ウォームアップでだけ調子がよくてもしょうががないので、そこはウォームアップという意味を考え、心配しないことにしてました。というか、放送も見なかった。

まあ体の大きな、だから1対1では負けてしまいそうなカナダの選手たちを相手に、組織で守り、組織で攻め、かっこよかったですね。

1点目は澤さんの大野選手への見事なパスから、大野選手と川澄さんの、シナリオがあるドラマのような連携で(ヒールでなくてソール?から後ろへのパス)、そして川澄さんの落ち着いたシュートは枠を外さない。(勝手に思い込んでる)ヒュンメル仲間として誇りに思います。

2点目も、あの大きなカナダ人選手にゴール前を固められているのに、小柄な宮間さんのヘディングのシュートが決まるという、もうびっくりするようなプレーで、興奮しましたね。プレースキックだけではない、宮間さんのヘディングでのゴール。めったに見られないんじゃないでしょうか。驚いたぜ。

なにかこう背骨が一本通っているような、規律のある組織プレーと流れるようなパスワークにホレボレしました。

さて、これから男の子たちの試合が始まります。がんばってね。
25

【オリンピック】もうすぐ初戦!

なんといってもオリンピックです。

男子サッカーの場合はそれはもちろんワールドカップがあるので、オリンピックの位置付けはなんだかなーという状況だけれど、女子の場合はやっぱしワールドカップがありながらも、注目度といえばオリンピック。ワールドチャンピオンの日本は、それでも挑戦者として、今までのようになでしこらしい戦いっぷりを期待したいです。道は必ず開けるはず。

サッカーはなんでか開会式前に予選が始まり、予選を勝ち抜いて初めて本戦(決勝)に出られるという不思議な日程なのだけど、予選はだからオリンピック開催都市ではやらせてもらえない。なので予選はもちろんしっかり勝ちぬかないとね。

ルールを確認しておくと、(男子は16チームだけど)女子は12チーム出場で、各組4チームずつ3つに組分け。各組1位と2位が決勝へ。各組3位のうちの成績上位2チームが決勝へ。決勝は都合8チーム。

決勝の最初(つまり準々決勝)は、
E組1位VS(F組かG組)の3位
F組1位VSG組2位
G組1位VS(E組かF組)の3位
E組2位VSF組2位
という組み合わせ。

-E組かG組であれば、予選を1位で抜けると次の相手はほかのグループの3位と対戦になるので、ちょびっと有利になる。
-F組の場合は、1位で抜けても2位で抜けても、次の相手はほかのグループの2位と対戦になるので、2位で抜けたときにちょびっと有利になる。
というように、少し変則的。

日本はF組なので、1位で抜けるとオトク感がないけれど、2位で抜けても差がないので、その分気楽に戦えるのかな。

ところでいまさらだけど、出場選手のリストを書いておくと、

GK 福元美穂、海堀あゆみ
DF 近賀ゆかり、矢野喬子、岩清水梓、鮫島彩、熊谷紗希
MF 澤穂希、宮間あや、川澄奈穂美、阪口夢穂、田中明日菜
FW 安藤梢、丸山桂里奈、大野忍、大儀見優季、高瀬愛実、岩渕真奈
もうすっかりお馴染な選手がほとんど。安心だし、期待できますね。

このうち、近賀選手、矢野選手、大野選手らはシーガルズのご出身なわけで、そういう由緒正しい立派なチームと提携できるとはやっぱり凄いことだなと、つくづく思います。

ヒュンメル繋がりでINACの選手たちにも親近感を感じるし、それから個人的には僕は宮間さんが実は大好きです。かわいいな~と、何年か前のなでしこオールスター(西が丘のときね)からすっかりファンです。

今はなき、マリーゼの元サポーターとして我が家はもちろん丸山さんと鮫島さんも熱く応援しています。何年か前、この二人が一緒に三ツ沢のピッチを走り回ってたんですよ。今から思えば豪華な2トップだったな。ちなみに、鮫島さんの走り方と、我らが武岡選手の走り方は、なぜだかとてもよく似ています。武岡選手を初めてピッチで見たとき、ビックリしました。

いよいよ明日が初戦、えっとカナダ戦ですね。日本では夜中のキックオフだけど、今から興奮してますっ。
11

久しぶり

IMG_20120711_195218

先週は家の用事で秋田にも岡山にも行かれなかったため、しばらくサッカーから遠ざかった生活をしています。ああ、スタジアム行きてー。

てなわけで、今日は国立競技場。去年は怒涛の毎週国立競技場出勤だったのに、あれっきりご無沙汰でした。

代表戦も久しぶりだし、座ってまったり見るのも久しぶり。

というか、一人でサッカー見に来るのも10年ぶりくらいな気がします。

なにもかも久しぶり!

久しぶりのナイターも涼しくて気持ちいいや。
livedoor プロフィール
三ツ沢で生まれて、三ツ沢保育園→三ツ沢幼稚園→三ツ沢小学校と通い、毎日三ツ沢公園で遊んで育ちました。大人になった今は、三ツ沢でホームゲームを開催する横浜の二つの偉大なクラブの観戦を楽しんでいます:YSCCのJ3での活躍を願っています。


互いに素

ホームゲームのたびに三ツ沢に集まる数千人のサポーターたち。周りを見ると、年齢、職業、住む場所、家族構成、趣味、出身校などなど、共通するものがほとんどない人たちがけっこう多いように思います。でも、みんな横浜が好きで、週末になると横浜の応援のために集まってくる。共通するのは、横浜という大事な原点。横浜に勝ってほしいという気持ちだけがひとつにまとまる。

互いに素とは、二つの整数が1(とマイナス1)以外に共通する約数を持たない関係のこと。横浜が始まりの数1であり、唯一の公約数である・・・サポたちの多くはそんな関係なんではないかなと思います。横浜が繋ぐ、「互いに素」敵な関係って思ってもよいです。

なお、6/π^2は、二つの整数が互いに素である確率で、計算すると60%くらい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりの
  • 久しぶりの
  • 嵐の後のヴェルディ戦
  • 大雨の松本戦
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • 出場時間と勝ち点
  • 最後のホームゲームは勝利で終わる
livedoor 天気
  • ライブドアブログ