takaohblog

互いに素

2016シーズン。

2013シーズン

29

大奮発

「いつもブログ見てますよ」と言われて、あ!そういや最近書いてなかったなーと思い出したのですが、それからまた一週間近く経ってしまいました。

で、最終戦です。

あれ?その前にも一試合あった気がするけど、まあいいか。

横浜FCサポブログが始まったのが、2006年11月下旬。なぜか一番乗りしてしまい、そのまま続けてますが、その直後、鳥栖に行って優勝したのがまさに誕生日♪という幸運なスタートでした。ああ、懐かしい。

なので今月は誕生月なのですが、横浜サポ的にはあまりそれ以来、幸運な誕生日は迎えていないような気がしてました。

で、誕生月といえば、誕生月シートという素敵な企画があるわけで、今回、シーズン最後となりましたが、誕生シートを購入してそちらで観戦することにしました。

IMAG2589

というわけで、久しぶりなバクスタです。

IMAG2596

仕組みがよくわからず、良い席を確保するぞ~と開門前から並びにいったのですが、なんとエリア指定ではなく、指定席でしたよ。ゆっくり来てもよかったかな。

バクスタで見られるというのにつられて買ったのではなく、価格が安いから買ったわけでもなく(シーズンシートあるしね)、お目当ては「プレゼント」。

何がいただけるのだろうね?ワクワク・・・。

としながらチケットのテントに行ってみると、係りの人が「シュナイダーだ」とか言ってるではないですか?

おおっ!潤之介選手のサイン入りグッズがもらえたよ!やったーっ!!これはうれしいです!!

その後、お母様にまでプレゼントをいただいて・・・。

お別れは寂しい(毎年経験していることだし、プロだからしょうがないけれど、今年は例年になく応えたな・・・)けれど、心に残る誕生月の試合となりました。

IMAG2592

いつもと違う場所からの眺めなので不思議な感じですが、このメンバーでの試合を見るのも最後。

試合の方は、なんでも勝ち点が並んでいるとかで、勝った方が順位が上がるわけでぜひ勝ってほしいし、最終戦のホームゲームなので、やっぱり最後は気持ちよく勝ってほしいなと思いますよね。

なんとまあ4得点とは、攻撃陣も大奮発ですね。ありがとうです。

最後にふさわしいよい試合だったけれど、こんな感じの戦いが夏頃もできていたらね、とちょびっと思いました。

それはそれとしても、やっぱ別れは寂しいですね・・・うーん、まだ、これ以上、書き続ける気になれません。のでまた後日。
10

きときと富山

IMAG2525

参戦された皆様、雨の中お疲れ様でした。

ただいま、好物のほたるいかの沖漬を肴に、スタジアムにも看板の出てた満寿泉という富山の日本酒で勝利の祝杯をあげております。

観戦史上一二を争うというほどではなかったですが、寒かったですね。

でも、お寒い試合結果とならずによかった。雨の中、寒い中、応援した甲斐がありました。

雨の後半、あっちサイドでPK喰らって、ホームゴール裏を背に、ゴールを守るGKに、少しでも勇気を届けられたらと、キーパーの名前を呼ぶことしかできないけれど、その気持ちが届いたのかどうかはわからないけど相手選手にシュートを外させるという、まさに徳島戦とまったく同じ展開。

今日は勝った!と思ったね。

見事にリーグ戦のデビューを無失点勝利で飾った渋谷選手。たくましいです。

武岡選手のレッドカードもそのための演出だっと思うことにしましょう。

IMAG2526

ます寿司も美味しく食べたし、白エビはかまぼこを買って食べたし、あと名物として昆布があるということで(北海道の昆布が富山を経由して京都に運ばれ、同時に沖縄にも伝えられたわけで、日本の昆布消費量一番は沖縄だけど、やっぱり富山でもたくさん食されるそうで)、なんと昆布パンというのを買って食べてみました。美味しかったね。

富山の美味しいものをけっこう制覇できたのではないかと。

来年もまた、きっと寒くなる時期に行くのだろうし、今度はゆっくり楽しみたいです。

沖漬美味しい♪

IMAG2523

J2 2013シーズン 第40節
2013年11月10日(日)
横浜 1-0 富山
富山
3,299人

5

今年もおしまい

IMAG2469

すっかり秋になりました。横浜の昇格も「可能性はゼロではない」状態ですらなくなり、平沼さんもちょっと寂しそう?

このところ、プレーオフ進出の可能性は数字の上では残っている、というのをなにかのモチベーションにしていたような感じもありますが、今年は夏の怒涛の4連敗で終わったと思ってました。

だって、プレーオフからの昇格なんかじゃなく、今年の目標は「優勝」だったんだからね。

なんか、前の年にそこそこ行って、惜しかったなあ~、という次の年は「優勝」を目標に掲げて惨敗するって、いつものパターンのやつっていう気がしますね。前の年に手が届かなかったことを目標にするくらいでちょうどいいんじゃないかという気がします。

正直、昇格の可能性がなくなったせいか、キックオフ前のビジョンに流れてた映像がなくなってほっとしました。もちろん、数試合前までは映像は凄く楽しみにしていたし、いいなあと思ってましたが。

IMAG2463

ピッチ上もスタンドも、プレーオフ進出をかけキリキリした人たちと、消化試合になってしまった人たちとの差がでてしまったように思います。また試合前のぶうちゃんの煽りも、彼らの燃えたぎる炎に油を注いであげましたな。それはそれで、ある意味、おもてなしなのか。

IMAG2468

残りは3試合。すばらしいプレーで感動させてくださいな。

J2 2013シーズン 第39節
2013年11月3日(日)
横浜 1-3 松本
三ツ沢
9,095人
27

All along the watch tower

スタジアムムービーはいつも楽しみにしていますが、ぶうちゃんの前説とあわせ、対戦相手をぶっ倒すとかやっつけるとか、いつもちょっと煽りすぎな感じが、正直します。プレーオフのような、超重要な直接対決だったら、そういうことが大事だと思うけど、なんかシーズンもここに来て、それはどうかなあと思いました。自分たちは勝たなきゃいけない、とかなら(内容は同じでも)表現としてわかるけど。試合前にちょっとなんだかなーという気になってしまいました。そういうのでノリノリになる人もいらっしゃるかもしれませんが。

だいたい、よそのスタジアムに行くと、横浜のみなさんようこそ~と歓待のアナウンスはたいていあるけど、横浜ぶっつぶーすとかなんとかは言われたことが記憶にないです。僕が記憶力悪いだけかもしれないけど、まず聞かないかな。

ま、そのスタジアムムービーですが、この、シーズンも残り少なくなった今頃、あ、この曲はAll along the watch tower じゃないかー!と気が付きました。今まで、なんだこの妙に間延びした曲は?と思ってたんだけど、ふと耳に入った歌詞がAll along the watch tower じゃんと気が付いた。あまりにびっくりしたので、隣の席の人に言ってみたら、そんなの前から知ってるよという反応だったので、気が付いてなかったのは僕だけなのかもしれません。

ボブ・ディランというか、ジミ・ヘンでおなじみの名曲。

演奏しているのはニール・ヤングだそう。

やっぱジミ・ヘンがいいな。

と、どうでもいいような話を書いてきましたが、前半、惜しかったシュートがいくつか決まっていたらな。くそ。

クラメンデーということで、僕は選手からカードをもらいましたが、今日は選手たちもカードもちょっといっぱいもらってしまったな。

IMAG2432

J2 2013シーズン 第38節
2013年10月27日(日)
横浜 1-2 千葉
三ツ沢
10,507人
26

残り5試合

残りの日程は、三ツ沢で3試合、富山と熊本のアウェイゲームが2試合。しばらく三ツ沢での試合がなかったのに、11日間で3試合も三ツ沢。極端だな。

ホームゲームは山形戦も岐阜戦と勝てそうで勝てない試合が続いたことと、プレーオフ圏が遠くにしか見えなくなってしまったこととで、なんだか不調な気がするけど、成績的には過去7試合、負けない試合が続いているんだな。

なのになんでこんな成績悪いの?と考えると、7月から8月にかけての、あの4連敗が効いているですね。4連勝も難しいけど、4連敗もなかなかできないよ。

そのうち半分の二つ勝っていたら、今はそれなりに立派な成績でプレーオフに向けてワクワク、キリキリしていたことでしょう(まだ数字の上では可能性はあるけど。)

それはそれとして、残り5試合のうち、熊本は行かれないのでたった4試合しかない貴重な公式戦、しっかり楽しみたいと思います。
23

黒津選手ありがとう

IMAG2397

黒津選手2ゴールも、結局2回とも追いつかれてしまい、終わってみたら引き分け。消化不良な感じでモヤモヤしますね。

黒津選手のハットトリックを期待したのに、途中で交代になってしまいましたが、お疲れ様でした。見事な2得点でした。

2点目は、こっち側ゴールに向かってのゴール(PK)だったからか、得点した直後に黒津選手は、胸の横浜のエンブレムを指しながらというか掴みながらというか、とにかくゴール裏の僕たちに向かってやってきてくれた。僕のハートも鷲掴みですよ。

なんだかこのところ、ゴールしても選手同士やベンチとのみ喜びを分かち合う選手が多く、サポーターは置いてけぼりな感じがしていたのと、西が丘での永井選手の一件もあったりしたのとで、ずいぶん寂しく思っていましたが、そんなのも吹き飛ばすような黒津選手の見事なゴールとその後のサポへのアピールっぷり。正直、ちょびっとぐっときました。ずっと試合にも出られてなかったし。黒津勝ここにあり、って感じ。

実は僕は黒津選手のロケットのようなつっぱしりと、乗りのよいチャントが大好きなんでした。

6月の黒津選手のゴールで勝った富山戦は、自転車で来ていたので、帰りは「くろっつー!」と歌いながら40キロ/hくらいですっ飛ばして帰ったんでしたが、今日だったら50キロ/hくらいで帰っただろうになあ。勝たなかったし、電車でした。

J2から降格すると解散してしまうかもしれない岐阜さんたちの方がもっと必死だったのかな。なんとか残留し、来年も存続することを祈るばかりです。残留できたら、僕らも今日は勝ち点1分、貢献できたと思うことにします。

IMAG2398

J2 2013シーズン第35節
2013年10月23日(水)
横浜 2-2 岐阜
三ツ沢 2,139人
22

徳島へ

アウェイ遠征の中でも、鳴門のスタジアムにはけっこう行っております。徳島には親戚がいるからです。

今年はシーズン開幕から出張、その後すぐに怪我をし、スタジアムにはなかなか行かれなかったんですが、それからまたなぜか病気になってしまい、なんとかホームゲームにだけは行かれるようになりました。が、アウェイ遠征はまったくできませんでした。

先月から叔母が入院しているため、これはお見舞いに行かねば!ということで、このシーズン終盤というタイミングで、やっと初めてアウェイ遠征となりました。

IMAG2367
曇りの予報から雨のち曇りの予報になったかと思ったら、午前中、ちゃんかちゃんかあわおどり空港に到着すると雨。その後も、結局、ずっと雨。

久しぶりに飛行機に乗りました。治療してくれている人からは、飛行機や新幹線は乗ってはダメ!と言われていたのですが、もうそろそろいいかなあと思って乗ってみました。

正直言って、まだちょっと無理っぽかったです。来月も性懲りもなく富山まで飛行機の予定ですが、やばいかな?

IMAG2372
午後、ポカリスエットももちろん雨。

IMAG2373
雨の中、食らう徳島ラーメン。

ところで徳島ラーメンはいつ頃できて、いつから名物になったのだろう?子どものころから毎年徳島には行っているけど、子どものころにはなかったような?

徳島といえばやっぱ讃岐うどんですよね。讃岐うどんは香川と思うけど、でもうどんを作るには大量の水が必要で、香川の水は徳島から引っ張ってきてるんです。だから、香川のうどんも徳島のうどんも、同じ!はず。

都内では、はな〇うどんや〇亀製麺をよく見かけますが、まあ味は本場のものとはやはりけっこう違いますわな。ところが最近は徳島市内にもはな〇うどんと〇亀製麺の店舗ができててびっくりしました。はな〇は前にもあったけど、今年はいよいよ〇亀製麺進出!驚きました。

地元に住む親戚に聞いたところ、味はあれなんで、まず行くことはない、と言ってましたが、まあ、ごもっとも。

とはいえ、僕の会社が入っているビルにも〇亀製麺があるので、しょっちゅう利用しています。今日のお昼もいまいちなかまたま。

IMAG2370
でも一番驚いたのは、バクスタ改修工事中だったこと。

順位的に昇格が見えているわけで、J1昇格のためにはスタジアムの改修が必要ということでそれを見据えての判断なんでしょうかね。だとすれば素晴らしいバックアップ。仮に、そうではなかったとしても、観客のためにはいいことなので、どっちにしても素晴らしいです。

そのせいか、ビジター側ゴール裏席の一部もホーム側自由席になっていて、最初、いつもの入口が「ホーム」と書かれていたため、あれ?ホームとアウェイとサイドが逆になったのか?と無駄にスタジアムを一周することになってしまいました。雨の中、けっこう泥跳ねた。

だけど、そこまで昇格が見えているのに、4700人しか観客が入っていないのですね。雨とはいえ、寂しいものがあります。四国といえば野球なんですね。(ホームで4700人といえば西が丘でもそんな感じだったけど。)

IMAG2374
試合の風景はこんな感じ。いつも通り。

20

勝った!

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

1-0で迎えた終盤。ホームチーム側にある僕らのゴールを守る潤之介選手はこちらを向く格好でゴールを守っている。

よくわからない審判だったけど、PKはPKだ。

直前のピンチもみんなでゴールを守り抜いた。ここはなんとか防いで、前節で落とした勝利を掴んで帰りたい。二試合続けて追いつかれて引き分ける余裕は僕らにはない。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

100mも離れた僕らにできることは、ただ、声の限り潤之介選手の名前を叫ぶことだけだ。

遠い。

人数も少ない。

だからこそ。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

相手の選手がボールをけるまでの時間が長く感じる。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

潤之介選手に声が届いているのかわからない。どれだけの力になっているのかわからない。

潤之介選手が大きく腕を回す。

よくある光景だけど、潤之介選手が大きく見える。だからゴールマウスが小さく見える。

キーパーの落ち着き。キャプテンの気合。潤之介選手の気迫。

じゅーんのすけー
じゅーんのすけー

叫びながら僕は感じる。これは入らないんじゃないかな~。

ただの願望だったかもしれないけど、でも、潤之介選手の気持ちが伝わった。


IMAG2378

J2 2013シーズン 第37節
2013年10月20日(日)
横浜 1-0 徳島
ポカリスエット
4,706人
9

残り7試合

今週末は日本全国天皇杯日和のため、僕らはお休み。

10月20日に徳島に行って、23日に残留/存続をかけた岐阜にエールを送りつつ、残留/存続を願いつつ、打ち破って、27日に去年のような緊張感がまだ感じられない千葉を迎え、11月3日にはビジター席売り切れちゃって千客万来な松本を迎え撃ち、11月10日は今年も富山に行き、17日は残念ながら九州から帰るチケットが売り切れちゃってて行かれないけど熊本戦、で翌週24日が最終戦のホーム三ツ沢。

と、残りたった7試合しかないんですね。僕は九州は行かれないので、6試合の観戦/応援となります。

10月20日は今年初めての遠征で徳島に行きますが、病気して初めて飛行機に乗るので、ちょっと心配です。

で、JFLの日程を見ると、岐阜戦のような未開催分がないため、残り6試合のみ。しかも全部、横浜FCと同じ日の開催。

まいったね、こりゃ。

全部、6試合とも横浜FCの試合に行く予定の日なので、一つも見られません。

幸か不幸か、JFLもJ2も最終節が11月24日で、三ツ沢陸上と三ツ沢球技場での前代未聞のほぼ同時開催。

まさに三ツ沢熱闘倶楽部だ。

ハーフタイムにあっち行ったりこっち行ったり、かなあ。チケットが2枚ずつ必要だな。

三ツ沢陸上の入口が反対側なのが辛いな。
6

ケンカすんなよ

都内なのに神奈川からは遠い西が丘。

うっかりロッピにチケット買いに行きそうになりましたよ。

スタジアムの作り自体は年季が入っているものの、最高の部類なので、このまま保土ヶ谷あたりに持って帰りたいです。

さて、出羽山形戦。

IMAG2278


相手のサポさんも大勢詰めかけ、スタジアムはびっしりですごいことになってんなーと思ったら、入場者数は4700人程度・・・やっぱ、スタジアムの雰囲気は、絶対的な人数ではなく相対的な人数が大事なんだなあ。

今日は、まあ、主審の人が主役でしたね。ヘボ役者。

山形は荒っぽいイメージは無かったんだけど、主審がファウルを取れないもんだから、荒いのなんの。

パトリックはぶっ壊されちゃったのかしら?大丈夫かな。

こういう試合では、ナソンスなんか出た日にゃ激しい当たりで吹っ飛ばされて怪我しちゃったかもしれないので、出なくてよかった。

そういうときこそ佐藤謙介なんだが。出してもらえないのか?先週は見たけど。

パトリックといえば、相手のDFとさんざんやりあってて、一度やり返したけど、最後はまたやられちゃいました。

今日は、パトリックのよいところがちっとも生かされませんでしたね。ボールも回ってこなかったし。相手チームに研究されて、よいところを消されてしまったのか、うちのチームの研究が足りず、よいところを生かせなかったのか。

なんだかなー。

けっこう押し込まれ、シュートは打たれてたけど、固い守りで防いでいたのが、こちらが取ったPKでの1点をロスタイムで返された。相手からしたら、負けてない!っていう印象の試合になったのだろうな。

IMAG2286


試合終了後、ゴール裏から出た何かの一言に永井選手がキレかかった。僕はF!TOTOの得点者に「永井」って書いたんだけど、今日は点が取れそうで取れず、最後に追いつかれ、彼もイライラする展開だったのかもしれませんね。でも、同じクラブの人たちなのだから、お互い仲良くやりましょうよ。

野球好きなおじさんから聞いた話では、40年くらい前、子どものころに野球を見に行って野次を飛ばしていたら、応援団のおじさんから、野次を飛ばすならみんながおもしろいと思うような野次を飛ばしなさい、それから選手には「さん」付けで、と言われたそうで、今でもそれを覚えていて守っているそうです。野次る歴史と文化は野球の方が醸成されてるのかな。

点を取った武岡選手を囲んで選手だけで盛り上がってたのもちょっと寂しかったな。武岡選手は最後にゴール裏に向かって腕を上げてくれたけど。

J2 2013シーズン 第36節
2013年10月6日(日)
横浜 1-1 山形
西が丘
4,717人

16

相模原に大敗、福岡に大勝

本日予定されていた、男子トップチーム同志の横浜FC対Y.S.C.C.の練習試合は中止、シーガルズ女子トップチームの横浜FCシーガルズ対Y.S.C.C.コスモスの公式戦も延期の模様。横浜FC対Y.S.C.C.の夢のダブルヘッダーは実現しなくなりました。

がっかりだな。

おとといはY.S.C.C.男子トップチームのJFL公式戦があったので大和スポーツセンターまでまた行ってきましたが、宿敵相模原に1-4で負け。久しぶりの公式戦だったのに残念な負けっぷりです。

IMAG2154

後半早々にあっという間もなく3失点。危ない時間帯ではあるけれど、5分で3失点はないよなあ。暑かったけどもう少し集中しないと。相変わらず頭を使わない御給選手にも点取られるし。

JFL2013シーズン第25節
2013年9月14日(土)
Y.S.C.C. 1-4 相模原
大和

そういえば天皇杯予選も1ー4で負けてたんだっけか。悔しいので、帰りは飯田牧場にジェラートを食べに寄ることにして、気持ちを切り替えました。

IMAG2155
日本一小さい牧場の、がぼちゃのジェラート。日本一美味しいかどうかはわからないけど、今日一番美味しかった♪
livedoor プロフィール
三ツ沢で生まれて、三ツ沢保育園→三ツ沢幼稚園→三ツ沢小学校と通い、毎日三ツ沢公園で遊んで育ちました。大人になった今は、三ツ沢でホームゲームを開催する横浜の二つの偉大なクラブの観戦を楽しんでいます:YSCCのJ3での活躍を願っています。


互いに素

ホームゲームのたびに三ツ沢に集まる数千人のサポーターたち。周りを見ると、年齢、職業、住む場所、家族構成、趣味、出身校などなど、共通するものがほとんどない人たちがけっこう多いように思います。でも、みんな横浜が好きで、週末になると横浜の応援のために集まってくる。共通するのは、横浜という大事な原点。横浜に勝ってほしいという気持ちだけがひとつにまとまる。

互いに素とは、二つの整数が1(とマイナス1)以外に共通する約数を持たない関係のこと。横浜が始まりの数1であり、唯一の公約数である・・・サポたちの多くはそんな関係なんではないかなと思います。横浜が繋ぐ、「互いに素」敵な関係って思ってもよいです。

なお、6/π^2は、二つの整数が互いに素である確率で、計算すると60%くらい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりの
  • 久しぶりの
  • 嵐の後のヴェルディ戦
  • 大雨の松本戦
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • シーズン終わる
  • 出場時間と勝ち点
  • 最後のホームゲームは勝利で終わる
livedoor 天気
  • ライブドアブログ